gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

ソトノバ TABLE#7  「パブリックライフとは?ヤン・ゲール著・翻訳書「パブリックライフ学入門」刊行記念トーク!」( 7/22  東京)

■ソトノバTABLE#7
 「パブリックライフとは?ヤン・ゲール著・翻訳書「パブリックライフ学入門」刊行記念トーク!」
                      
日 時: 2016年7月22日(金)19:00-22:00
会 場: IMPACT HUB TOKYO http://hubtokyo.com/
(東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場1階)
参加費: ¥3,000円(ワンドリンク+フード付) ※3100円(左記+ソトノバシール付)
※ドリンク2杯目以降はキャッシュオン
申 込:http://sotonoba.place/20160722sotonobatable7
表示がうまくいかない方はこちらから購入をお願いします。
(コンビニ、銀行振込の場合もこちら)
https://spike.cc/shop/sotonobaplace

パブリックライフ(都市生活)は、私たちのライフスタイルやサードプレイスを求める趣向、
パブリックスペースを居場所に変える、豊かで健康的な都市のあり方を提示してくれたように思えます。

それは、これまでのハード中心の私たちの志向を、人間中心視点のアクティビティ志向に変え、
そして、「賑わい」という測れもしない幻想的な言葉から、一人一人の人間観察に基づくアクティビティを評価していくという、
実は簡単でかつ本質的な方法であることを気づかせてくれました。
それが、ヤン・ゲール氏。
2014年に来日し、シンポジウムで、ヤン・ゲールが私たちに語ったことは、建物よりも、機能よりも、人を中心に考えることでした。
2013年に今回出版される、「パブリックライフ学入門」の原著の「Howto Study Public Life」が出版され、
2014年に「City for People」の邦訳の「人間の街」が出版。ますます期待が高まっていた時でした。
パブリックライフや人々のアクティビティについて考えたいと思い、翻訳者たちに相談し、今回の企画が実現しました。

というわけで、第7回のソトノバTABLEでは、パブリックライフをテーマにし、
7月14日発売の「パブリックライフ学入門」の出版を記念し、翻訳者たちとのトークをしたいと思います。

【タイムライン】
19:00- ソトノバイ
19:15- イントロ
19:30- 「パブリックライフ学入門」の紹介
「パブリックライフとアーバンデザイン」鈴木俊治氏(アーバンデザイナー、ハーツ環境デザイン代表)
「パブリックライフへの分析的アプローチ」高松誠治氏(スペースシンタックス・ジャパン代表)

20:00-
ディスカッション「パブリックライフとそのはかり方」
鈴木俊治氏(再掲)
高松誠治氏(再掲)
川尻大介氏(鹿島出版会・本書編集者)
コーディネータ:
泉山塁威(明治大学理工学部助教/ソトノバ編集長/
(一社)パブリック・プレイス・パートナーズ共同代表理事)

20:45- グループフォト
ソトノバ・ドリンクス
22:00- クローズ

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた』
馬場 正尊+OpenA 編著/木下 斉、松本 理寿輝 他著
新しいパブリックを切りひらく6人の方法論
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1348-1.htm
『RePUBLIC 公共空間のリノベーション』
馬場正尊/Open A 著
退屈な公共空間を面白くするアイデアブック
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1332-0.htm

広告を非表示にする