gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

PUBLIC PLACE CONFERENCE 2(7.30 東京)

■PUBLIC PLACE CONFERENCE 2
 「アクティビティデザインがもたらすパブリック・プレイス」

日 時: 2016年7月30日(土)14:00-19:00
会 場: IMPACT HUB TOKYO http://hubtokyo.com/
     (東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場1階)
参加費: 2000円 (懇親会費:3000円)
主 催:一般社団法人国土政策研究会 公共空間の「質」研究部会
詳 細:事前申込をお願いいたします。
http://publicplacestudy.org/2016/07/01/20160730publicplaceconference2/

<プログラム>
セッション1「TACTICAL URBANISMと戦術的アクティビティデザイン」
 ・公共空間活用マネジメント分科会報告:
  「TACTICAL URBANISM翻訳と見えてきた日本の適用可能性」
   荒井詩穂那(同分科会メンバー/首都圏総合計画研究所研究員)
・インスパイア1:
  「サンフランシスコのparklet」
   遠藤新氏(工学院大学建築学部まちづくり学科教授)
・インスパイア2:
  「都市における余白 COMMUNE246の場合」
   松井明洋(メディアサーフコミュニケーションズ株式会社取締役社長)
・コメンテーター(同分科会メンバー):
   荒井詩穂那、泉山塁威、佐藤春樹、西大條晶子
・コーディネーター:
   三浦詩乃(横浜国立大学助教/同分科会)

セッション2「オープンカフェとアクティビティデザイン」
・公共空間活用アイテムデザイン分科会報告
  「オープンカフェデザインガイドラインの製作報告」:
   佐藤春樹(横河建築設計事務所
・インスパイア1:
  「オープンカフェ空間のデザイン」
   水代優(グッドモーニングス株式会社代表取締役
・インスパイア2:「海外のオープンカフェのケースタディ」
   櫻井藍(株式会社タカハ都市科学研究所)
・コメンテーター(同分科会メンバー)
   梅村夏子、木村陽一、佐藤春樹、西大條晶子
・コーディネーター:泉山塁威(明治大学助教/ソトノバ編集長)

セッション3「アクティビティファーストの評価指標」
・公共空間評価指標分科会報告「まちなか広場賞と評価指標」
   :園田聡(有限会社ハートビートプラン)
・インスパイア:
  「HELLO GARDEN」西山芽衣(株式会社マイキー)
・コメンテーター(同分科会メンバー):
   萩野正和、高野哲矢、圓谷彩永子
・コーディネーター:
   園田聡(前掲)

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の関連書籍
『米国の中心市街地再生  エリアを個性化するまちづくり』
 遠藤 新 著(空洞化を克服したエリアに見る再生の道筋 )
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-3179-9.htm

広告を非表示にする