gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

「縮退都市の空地アーバニズムについて考える」特別講演のお知らせ(7 /14  東京本日申込締切)

■「縮退都市の空地アーバニズムについて考える」特別講演のお知らせ
           
日 時:2016年7月14日(木)18:00〜20:00 (開場17:30)
会 場:株式会社コトブキD.I.センター 東京都港区浜松町1-14-5
参加料:講演会:JLAU会員500円、一般1,000円、学生無料
懇親会:一律1,500円(1時間程度)
お申し込み:参加をご希望の方は、氏名、所属、連絡先(E-mail)、JLAU会員の有無、
懇親会参加の有無 をご記載の上、下記アドレスまでEメールにてお申し込みください。
7月11日〆切厳守一般社団法人ランドスケープアーキテクト連盟(JLAU)事務局
jimukyoku◯jlau.or.jp ◯を@に変えてください。

ヒューマン・インフラストラクチャーの思想を元にランドスケープ計画やデザインを展開する米国Asakura Robinson Company(ARC)の
主席プランナー/都市デザイナーのザック・ロックレム氏をお迎えして「縮退都市の空地アーバニズムについて考える」特別講演を開催します。
ARCは空地・空き家率が20%を超える米国ピッツバーグ市都市計画局の戦略的な空地施策とデザイン・ツールキット(Vacant Lot Tool Kit)を
コンサルタントとして作成し、空地から展開する新しい縮退都市像を提案しています。
本講演では、縮退都市の空地施策やデザインから、今後の日本の縮退都市について考え、積極的な議論を展開する場とすることを期待しています。

プログラム
* 挨拶
* Introduction:縮退都市における空地施策とデザイン
福岡孝則(神戸大学 持続的住環境創成講座)
* Lecture:”Lots to Love: Policy and Design for Vacancy”
ザック・ロックレム
* Short Panel Discussion
泉山塁威(明治大学/ソトノバ) × ザック・ロックレム(ARC) × 赤間豊(LPD) × 福岡孝則(神戸大学
* 懇親会(同会場で1時間程度、参加料別途)

ザック・ロックレム/ Asakura Robinson Company 主席プランナー
ミネアポリス生まれ。ハーヴァード大学大学院都市デザイン専攻修了。
米国内をはじめ、アジアや西アフリカなど世界各都市でプランニングを行う。
NPO 勤務の経験を活かしたソーシャルデザインが主流で「ヒューマン・インフラ」の思想はその経験から生まれた。

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた』
馬場 正尊 + OpenA 編著 木下 斉 著 松本 理寿輝 他著
新しいパブリックを切りひらく6人の方法論
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1348-1.htm
『海外で建築を仕事にする2 都市・ランドスケープ編』
福岡 孝則 編著 別所 力・戸村 英子 他著
パブリックスペースのデザインに挑む16人
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2605-4.htm

広告を非表示にする