gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

「山とまちと木造建築」シンポジウム 『新しい木造〜京都での都市木造、どうする、何ができる?〜』( 7/18  京都)

■「山とまちと木造建築」シンポジウム
 『新しい木造〜京都での都市木造、どうする、何ができる?〜』

日時:2016年7月18日(月・祝) 午後2:00〜4:30《受付は午後1:30より》
場所:ひと・まち交流館 京都 地階京都市景観・まちづくりセンターワークショップルーム
詳細&申込:
https://www.facebook.com/yama.machi.kenchiku/?fref=nf

CLTや耐火構造など、いま木造は都市においても様々なかたちで広がっています。
国が進める公共建築での木造利用促進の報告や、無垢材の内部・外部利用の実際、
地域産材を使った低層店舗(コンビニ)での利用について等の報告から、京都での可能性を探ります。

<内容>
1)報告「官庁施設における木材利用について」
秋山伸一氏(近畿地方整備局営繕部整備課)
公共建築物等木材利用促進法の進捗状況、今後の展望

2)報告「内外仕上げでの木材利用」
河井敏明氏(建築家)
ビル外壁に木材を利用した長谷ビル四条など、まざまなかたちでの木材利活用

3)報告「低層店舗などでの木造展開」
井上国雄氏(株式会社キーテック)
国産材利用によるコンビニ店舗施工企業担当者
地域産カラマツLVLを使った取り組み、非住宅分野での新たなる展開

4)報告者3名によるパネルディスカッション
進行:高田光雄氏

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『木がわかる  知っておきたい木材の知識』
佐道 健 著
本当に活かせてますか?素材の特色、木の力
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN4-7615-2257-7.htm
『伝統木造建築を読み解く』
村田健一 著
古建築に宿る知恵と技、強さと美しさの源流
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN4-7615-1219-9.htm

広告を非表示にする