gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

学生参加者募集!建築学会シャレットワークショップ in 大分・杵築 2016 (★申込締切:7 /25  ワークショップ:8 /17-8/22 )

■学生参加者募集!建築学会シャレットワークショップin大分・杵築2016

開催概要
◯ワークショップ:期間 8月17日(水)〜8月21日(日)、22日(月)午前解散、
会場 大分県杵築市
◯大会作品展示:8月24日(水)〜26日(金)
福岡大学2号館1階ロビー、その他
◯大会・講評会:8月25日(木)15:00〜17:00
福岡大学 2号館222室

杵築市は、大分県東部の大分市と別府湾を挟んだ国東半島の南端部に位置し、人口3万人の地方小都市である。江戸
時代は杵築松平氏3万2000石の城下町として栄え、廃藩置県まで国東半島の政治・経済の中心地であった。
杵築城を中心とした旧城下町は、南北2つの高台に土塀の連なる武家屋敷を配置し、双方の高台から谷間へ続く坂
道や、谷間にある商町家が並ぶ通りは、今も当時の面影を残し、またその特徴的な景観や都市構造は、
「坂道の城下町」や「サンドイッチ型城下町」と称されている。
これからの杵築市では、城下町や武家屋敷、商町家などの歴史的景観資源をマネジメントしつつも、人口減少・高
齢化社会の課題に対応し、地域の魅力を高め人々の居場所となるような商いのあるストリート、豊かな暮らしを送る
住環境のあり方等に呼応するような空間像や将来ビジョンが求められている。
そこで、本シャレットワークショップでは、4泊5日の短期集中期間の中で、全国から選ばれた都市・建築系大学
院生・学生が時間と空間を共にしつつ、地域の方々や専門家と討論しながら、実践的な計画・デザインを行い、地域
に提案するものである。杵築市の歴史的文脈と現状の課題を把握し、これからの都市ビジョンや空間デザインを提示する。

◯講 師:
小林正美(明治大学教授)、鵤心治(山口大学教授)、岡絵理子(関西大学教授)、北原啓司(弘前大学教授)、
小浦久子(神戸芸術工科大学教授)、野澤康(工学院大学教授)、野嶋慎二(福井大学教授)、姫野由香(大分大学助教)他(予定)

◯会費:20,000円(参加費10,000円+宿泊費10,000円)
◯募集人数:学生30人程度(大学院生、学部生を問わず)

■申込方法:
下記に必要事項を記入し、申込手続きを行ってください。
参加申込者には、「プロフィールシート」のフォーマットを下記ホームページよりダウンロードし、下記期限までに送付ください。
応募者多数の場合は、プロフィールシートによる選抜の可能性があります。
http://urbandesignsupport.com/wp/participant_charettews_kitsuki/

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
★発売1か月で、3版決定!
ポートランド 世界で一番住みたい街をつくる』
山崎満広 著
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2623-8.htm
『図説 都市空間の構想力』
東京大学都市デザイン研究室編 西村幸夫、中島 直人他著
建築・都市デザイン・まちづくりの拠り所
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-3220-8.htm

広告を非表示にする