gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

ソトノバ LOCAL @みなまきラボ#1〜自分たちでやってみる『場』の運営とは〜( 8/5  神奈川)

■ソトノバLOCAL@みなまきラボ#1〜自分たちでやってみる『場』の運営とは〜

日時:2016年8月5日(金)19:00-21:30
会場:みなまきラボ(神奈川県横浜市旭区柏町127 相鉄ライフ南万騎が原内)
主催:ソトノバ|sotonoba.place、みなまきラボ
会費:1,500円(ワンドリンク+フード)
詳細&申込
http://bit.ly/2aft8Sn

ソトノバは、横浜の相鉄いずみ野線南万騎が原(みなみまきがはら)駅に6月1日よりオープンした「みなまきラボ」の運営パートナーになりました。
「みなまきラボ」は、南万騎が原の駅前にある、地域の魅力を発見し、地域の未来を考え、創りだし、
発信してく、開かれたまちづくり拠点で、南万騎が原駅前広場と一体的に整備がされました。
その他運営パートナーには大学や行政、企業等が携わっており、ソトノバもこの一員として一緒にまちを楽しむための様々な試みのお手伝いをさせていただきます。

そこでソトノバでは新たな企画として「ソトノバLOCAL」を立ち上げることとなりました!
「ソトノバLOCAL」は、新たにアクションを始める地域に訪問・密着しソトを楽しく豊かに使いこなすためのアイディア発信をしていくプロジェクトです。

今後「ソトノバLOCAL@みなまきラボ」では、運営パートナーが週替わりで実施しているイベントやワークショップのレビューを行い、
次なるステップに向けたブラッシュアップのためのアイディア出しを行います。
そしてその第一弾として8月5日「ソトノバLOCAL@みなまきラボ#1〜自分たちでやってみる『場』の運営とは〜 」を開催します。
今回のゲストは先日ソトノバで取り上げさせていただいた千葉・HELLO
GARDENの西山芽衣さん。みなまきラボの今タームの裏テーマでもある「自分たちでやってみる」にぴったりのお話しが聞けるのではないでしょうか。

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『つながるカフェ コミュニティの〈場〉をつくる方法』
山納洋
事例をもとに考える場づくりの機微と方法論
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1361-0.htm
『RePUBLIC 公共空間のリノベーション』
馬場正尊/Open A 著
退屈な公共空間を面白くするアイデアブック
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1332-0.htm

広告を非表示にする