gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

神楽坂サロン 8 月 鞆の浦の景観と裁判 なぜ鞆の浦は残せたか(8 /27  東京)

■神楽坂サロン8月 鞆の浦の景観と裁判
 なぜ鞆の浦は残せたか

日時:2016年8月27日(土)開場1時、開始1時30分
場所:建築会館 301 港区芝5-26-20
会費:一般1500円、会員1000円、学生500円
詳細&申込:
http://kokucheese.com/event/index/417411/

宮崎駿監督の映画「崖の上のポニョ」のモデルとされ、万葉集にも詠まれた美しい港の風景が残る鞆の浦
しかし、1983年に鞆地区を東西に結ぶバイパス計画によって港の両岸を埋め立てる整備案が明らかになり、
鞆の浦の景観が大きく損なわれてしまうことがわかった。
住民から計画反対の声があがり、2007年から埋め立て差し止め裁判が始まった。
9年後の2016年2月15日県の埋め立て免許が取り下げられ、埋め立て反対派の勝訴が確定した。
公共事業が裁判によって取り消されたのは戦後2例目。画期的判決とされる。
この裁判に当初から中心的な役割を果たし、多くの景観裁判の経験を持つ日置雅晴弁護士に
鞆の浦裁判の経緯と景観法が果たした役割、裁判について聞きます。

日置雅晴氏プロフィール
弁護士 1956年 三重県生まれ、1980年東京大学法学部卒業、1982年4月 司法修習終了、
弁護士登録(第二東京弁護士会)、2002年 キーストーン法律事務所開設、2008年 神楽坂キーストーン法律事務所開設、
2009年 早稲田大学大学院法務研究科(法科大学院)教授就任、都市住宅学会会員、世田谷区福祉的環境審議会委員 、
埼玉県防災まちづくり審議会委員、国立市まちづくり条例 検討委員 、練馬まちづくり条例 検討委員など
著書 『ケースメソッド環境法』(日本評論社 第3版2011年 共著)、『新・環境法入門』(法律文化社 2007年 共著)、
『最強の住宅相談室』(ポプラ社 2005年 共著)、『日本の風景計画』(学芸出版 2003年 共著)ほか

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『美しい都市をつくる権利』
五十嵐敬喜・野口和雄・池上修一 著
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN4-7615-2281-X.htm
『美しい都市と祈り』
五十嵐敬喜
資本主義、民主主義を超える、都市美の追求
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN4-7615-2384-0.htm

広告を非表示にする