gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

銀座街づくり会議 /G2020 連続シンポジウム 第2回 銀座の公共空間の活用( 9/9  東京)

■銀座街づくり会議 /G2020 連続シンポジウム
 新しい銀座のヴィジョン〜未来にわたって銀座が個性輝く街でありつづけるために〜
 第2回 銀座の公共空間の活用
                
日時:9月9日(金)開演15:30〜17:30(開場15:00)
場所:銀座フェニックスプラザ 会議室(中央区銀座3-9-11 紙パルプ会館3F会議室)
詳細&申込
http://www.ginza-machidukuri.jp/event/event05.html

2020年の東京オリンピックパラリンピック開催を前に、東京は、大きく変貌しようとしています。
2014年には「東京都長期ビジョン」が発表され、東京を世界一の都市へと成長させることが目標として掲げられました。
日本の近代都市の歴史と共にあると自負する銀座は、次世代の新しい都市の姿を率先して描いていきたいと考えています。
そして、夢のある未来につながるレガシーを遺していきたいと考えます。
世界の都市は次々と、その個性と創造力を発揮し、生まれ変わっています。
そして東京には、個性ある街が連立し、それぞれの魅力を発信しています。
そのなかで銀座は、どのような位置づけにあり、どのような可能性をもっているのでしょうか。

○プログラム
基調講演 「誰のための公共空間か」
出口 敦  (東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授)

報告 「銀座歩行者天国について」
三浦 詩乃  (横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院 助教

パネルディスカッション 「銀座における公共空間活用の可能性」
出口  敦
太田 浩史(建築家、東京ピクニッククラブ)
泉山 塁威(明治大学
伊藤  明((株)伊東屋、全銀座会催事委員長)
司会進行 中島直人(東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻准教授、銀座街づくり会議アドバイザー)

銀座は銀ブラの街、歩いて楽しい街。そして商業の街。海外観光客も増加する今、
より多くのお客様に銀座を回遊し楽しんでいただき、街全体を活性化するために、重要なのが公共空間の活用です。
銀座に公園は少ないですが、道路も公共空間のひとつです。海外では道路活用による街の活性化のさまざまな事例が生まれており、
国も規制緩和の方向へと動き出しています。

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『RePUBLIC 公共空間のリノベーション』
馬場正尊/Open A 著
退屈な公共空間を面白くするアイデアブック
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1332-0.htm
『まちで闘う方法論  自己成長なくして、地域再生なし』
木下 斉 著
結果を出す人になるための思考、経験、技術
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1359-7.htm

広告を非表示にする