gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

第 103 回豊中まちづくりフォーラム 『港と鉄道のまち敦賀』( 9/27  大阪)

■第103回豊中まちづくりフォーラム 『港と鉄道のまち 敦賀
                
講師: 増田 正樹 氏 観光ボランティアガイドつるが 事務局長
日時:2016年9月27日(火)/ 午後6時30分開始
場所:北おおさか信用金庫本町支店 チャオ・パルコ豊中 セミナー室
会費:1000円
詳細&申し込み:
http://www.tmconet.com/forum.html

1.敦賀は古から大陸との交流があり、渤海使が到来、北前船の寄港地としても繁栄。
2.日本の鉄道敷設計画は明治2年に策定。 幹線は東京−京都。敦賀は琵琶湖経由で京都と接続。
3.明治15年敦賀まで鉄道が開通、明治29年から北進を開始。
4.明治45年欧亜国際連絡列車が運行開始。新橋〜敦賀に直通列車。
5.鉄道遺産の紹介、観光素材としての活用。

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『都市を変える水辺アクション  実践ガイド』
泉 英明 編著 嘉名 光市 編著 武田 重昭 編著
いま都市の水辺が面白い。多様な展開を紹介
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2608-5.htm

広告を非表示にする