gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

本年の船場減災展ワークショップ/シンポジウム@大阪( 10/15 〜1 2 月中頃大阪)

■本年の船場減災展ワークショップ/シンポジウム@大阪

日時:10月15日〜12月中旬頃
   10/15 (土)16時〜18時 地下まち歩き (定員30名)
   11/ 8 (火)15時〜17時 南御堂・同朋会館 BCP模擬訓練:お互いさまNWづくり(定員50名)
   11/28 (月)18時〜20時 南御堂・同朋会館 シンポジウム:船場のBCPとまちづくり(定員120名)
   12/予定 会場未定 ビジョンづくり:船場のBCMの推進体制など(参加者招致)
会費:無料
詳細&申込:
http://rogo.jp/senba/6.html

過去5回の船場減災展の集成として、本年度は段階的に船場の減災ビジョンを描きたいと考えます。
今回の減災展は、次のように順を踏んで進めていきます。
まず、被災時にはワーカーが確実な帰宅避難を確保するために“自助”方法を身に着けておく【まち歩き】、
次いで事業者の事業継続をおこなうため全国に広がる“お互いさまNWづくり”を作っておく【BCP模擬訓練】、
そのために熊本・東日本・中越の大災害・復興の取り組み学び共有する【シンポジウム】、
そしてこれから私たちが何をすればよいか行動に向けた計画を立てる【ビジョンづくり】と、
段階的に進めていきます。
 是非、経済人・ワーカー・町衆にご参加いただき、もし災害にあってもいち早く復興をリード・支援できる、
日本・大阪で最も強靭なまちづくりを進めていきたいと考えます。

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『歴史に学ぶ 減災の知恵 建築・町並みはこうして生き延びてきた』
大窪 健之 著
震災後の今こそ、災害を受け流す知恵に学ぶ
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2532-3.htm
『減災と市民ネットワーク 安全・安心まちづくりのヒューマンウエア』
三舩 康道 著
住民・企業・行政の連携で災害に備えよう
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2537-8.htm

広告を非表示にする