gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

第 104 回豊中まちづくりフォーラム 『建築社会研究』 (10/11  大阪)

■第104回豊中まちづくりフォーラム 『建築社会研究』

講師:舟橋 國男 氏 (大阪大学名誉教授)
日時:2016年10月11日(火)18:30〜
場所:北おおさか信用金庫本町支店 チャオ・パルコ豊中 セミナー室
会費:1000円
詳細&申し込み:
http://www.tmconet.com/forum.html

恥ずかしながら長年に亘って「建築」の世界に身を置いてきたが、「建築」とは何か、未だに一向に分別がつかない。
一応は、「建築計画学」なる分野に属しつつ、人間の移動行動現象-経路選択(path choice)や経路探索(wayfinding)
の研究(?)を行い、その一つの展開として「環境の分かりやすさ(intelligibility)」にも若干の興味を抱いてきた。
これらを総じて、「環境行動論」なる分野を僭称し、「トランザクションナリズム」から「無の建築」へと彷徨っている道すがらを
振り返りつつ、最近関心を深めている「建築社会研究」なるものに触れてみることにしたい。
なお、皆様が専門とされる「まちづくり」には全く疎いけれども、折角の「まちづくりフォーラム」にお招きいただいたので、
何がしか申し上げねばと考えてはいるが・・・。
更に、もし時間があれば、大阪教育大学附属池田小学校における「事件」(2001.06.08)を契機に係わった
「校舎改築」の問題を紹介することとしたい。

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『テキスト建築計画』
川崎寧史・山田あすか 編著
生活のシーン、人の活動からとらえる計画学
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-3183-6.htm

広告を非表示にする