読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

防災シンポジウム「地域住民の防災の取り組みに緑地や緑化をどう活かしていくか」( 10/27  東京)

■防災シンポジウム「地域住民の防災の取り組みに緑地や緑化をどう活かしていくか」

防災シンポジウム「地域住民の防災の取り組みに緑地や緑化をどう活かしていくか」
日時:2016年10月27日(木)14時〜16時半
場所:緑と水の市民カレッジ3階(東京都千代田区日比谷公園1−5 日比谷公園内)
詳細&申込
http://bit.ly/2eb3sos

(公財)都市防災美化協会では、防災まちづくりにおける緑の活用状況を明らかにするために
東京と阪神地域の防災まちづくり活動団体にヒアリング調査研究を実施しました。
防災まちづくりにおける緑地の活用の流れを振り返ると、阪神淡路大震災以前では広域避難地、
延焼遮断帯としての活用でしたし、阪神淡路大震災以降はなんにでも使える有用な空間としての活用に
力点がありました。そして中越地震東日本大震災を経てどのようなことが重視されているかを捉えなおします。
本シンポジウムでは、こうした住民主体の緑と花の防災まちづくり活動の動向から、
空間(公園・広場等)やしくみ(地区防災計画等)のあり方を考えます。
みなさまのご参加をおまちします。

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『歴史に学ぶ 減災の知恵 建築・町並みはこうして生き延びてきた』
大窪 健之 著
震災後の今こそ、災害を受け流す知恵に学ぶ
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2532-3.htm
東日本大震災 復興まちづくり最前線』
大西 隆 編著 城所 哲夫 編著 瀬田 史彦 編著
いま必要なこと、考えなければならないこと
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-3202-4.htm

広告を非表示にする