gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

Next Commons Talk  ネクスト・コモンズ・トーク 地方創生の哲学とあたらしい社会の創造( 10/23  東京)

■Next Commons Talk ネクスト・コモンズ・トーク
 地方創生の哲学とあたらしい社会の創造
 宮台真司社会学者、首都大学東京教授) ・林篤志(Next Commons Lab代表)

日時:2016年10月23日(日) 14:00 - 16:30 (16:30-17:10 Next Commons Lab導入説明会)
場所:渋谷ヒカリエ COURT
会費:無料
定員:150名
詳細&申込
http://www.hikarie8.com/court/2016/09/next-commons-talk.shtml

今秋スタートした地方創生の新しいプラットフォームNext Commons Labと、
これからの働き方や暮らし方、日本の未来について語ります。
ほしい未来をじぶんたちの手でつくる時代がやってきました。
今秋、本格的にスタートしたNext Commons Lab(ネクストコモンズラボ)は、
地域資源を活用しながら、じぶんたちの手であたらしい社会インフラを実現するためのプラットフォームです。
行政や企業、個人起業家のコラボレーションにより、新規事業開発やあたらしいコミュニティ形成、地域間ネットワークなどを実現します。
インキュベーション機能に加え、広義でのベーシックインカムを備えたこのプロジェクトは単に
地方創生という枠組みを超えて、これからの社会を創造するあらたな仕組みとして、多方面から注目を集めています。
この実験的な取り組みの背景や展望について詳しく紹介しながら、これからの社会の在り方と可能性、
個人の働き方や暮らし方の未来について議論していきます。

(Next Commons Labとは)
行政、民間企業、起業家など多様なステークホルダーを巻き込みながら、
地域にあたらしい産業を生み出し、地方が抱える共通課題を解決する研究所。
既存の観念にとらわれない社会システムの具現化、新しい働き方や暮らし方の実践など、
自分たちの手で未来をつくるためのプラットフォーム。
第一弾は「岩手県遠野市」において、10の領域 / テーマでプロジェクトを立ち上げ、
事業を展開する起業家候補を採用。今後も全国各地に展開を予定している。
これまで磨いてきた技術や専門性、社会を変えるアイデア、働き方や暮らし方への探求など、
個人がその力を発揮できる仕組みをもった実験的な取り組みになります。

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか 質を高めるメカニズム』
高松 平藏 著
小さく賢く進化するエアランゲンのつくり方
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1364-1.htm

広告を非表示にする