読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【あどぼの学校セミナー 2016 秋】アドボカシーからデモクラシーへ「日本の民主主義を深化させる」 〜地域・学びから未来へ〜( 10/29  京都)

■アドボカシーからデモクラシーへ
「日本の民主主義を深化させる」〜地域・学びから未来へ〜
                     
日時:2016年10月29日(土)10:30〜16:45(10:00より受付開始)
会場:同志社大学今出川校地 良心館3階 RY301
参加費:500円(資料代 ※同志社諸学校の学生・生徒は無料)
詳細&申込
http://www.kankyoshimin.org/modules/join/index.php?content_id=236

昨年秋からはじまった「あどぼの学校」では、地域から国際、そしてさまざまな分野のアドボカシーの実践と経験、教訓を見てきました。その学びの中で、人々によるアドボカシーの営みは「市民基点の政策を実現する」という直接の成果のみならず、日本の民主主義を草の根から「深化」させていく、その潜在力を持っているのではないかと気づきはじめました。

本セミナーでは、アドボカシー、あるいは直接民主主義的な市民参加、政治参加について、日本の地域、海外、そして若い世代に向けた実践の事例を持ち寄り、みなさんで検討しながら、日本の民主主義を未来に向けてどう育み、深化させていくことができるのか、ご一緒に学んでいきたいと思います。

【講師】

両角達平氏NPO法人Rights 理事)
菅原翼氏(山形県遊佐町教育委員会 教育課 社会教育係)
山下真氏(奈良県生駒市 前市長)
スギ本育生氏(認定NPO法人環境市民 代表理事)(※スギは木へんに「久」)

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『民主主義再生のためにすべきこと』
同志社大学政策学部10周年記念出版編集委員会 編 真山 達志 監修 川浦 昭彦 編集責任者
身近な問題から政策学の見方・考え方を示す
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-0901-9.htm

広告を非表示にする