gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

シンポジウム 「再生可能エネルギーによる地域の再生地域付加価値分析とシュタットベルケ」( 11/11  東京)

■シンポジウム 「再生可能エネルギーによる地域の再生 地域付加価値分析とシュタットベルケ」

日時:2016年11月11日(金)、午後1時〜5時、その後、懇親会を開催
会場:イオンコンパス東京駅前会議室3-D室 (東京都中央区八重洲2-2-1 日本酒類販売八重洲口ビル3・4階)
詳細&申込:
http://bit.ly/2eibHj7

プログラム:
13:00-13:10 開会挨拶:諸富徹(京都大学)+榎原友樹(株式会社E-konzal)

13:10-14:40 セッション1:再エネが生み出す「地域付加価値」とは何か
13:10-14:10【報告:各報告20分】
ラウパッハ・スミヤ ヨーク(立命館大学)「日本における地域付加価値創造分析の社会実装」
中山琢夫(京都大学)「日本における地域付加価値創造分析モデル、検証、その適用」
小川祐貴(京都大学大学院地球環境学舎)「地域付加価値創造分析の理論とケーススタディ
14:10-14:30【質疑応答】

14:40-16:20 セッション2:シュタットベルケの可能性:再エネによる地域再生
14:40-15:40【報告:ラウパッハ30分、中山・諸富各20分】
ラウパッハ・スミヤ ヨーク「欧州エネルギー市場の転換におけるドイツ・シュタットベルケの戦略」
中山琢夫「シュタットベルケによるエネルギー事業の再公有化とそのねらい」
諸富徹「日本におけるシュタットベルケ創設の動向とその意義」
15:40-16:20【質疑応答】

16:20-16:50 セッション3:自治体との協力関係構築の呼びかけ
榎原友樹「地域を元気にする再生可能エネルギーと自治体の役割」

16:50-17:00 閉会挨拶:諸富徹

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『エネルギーの世界を変える。22人の仕事〜事業・政策・研究の先駆者たち』
諸富 徹 監修 若手再エネ実践者研究会 編著
自分たちのエネルギーは自分たちでつくる!
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1350-4.htm

広告を非表示にする