読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

ERES 公開フォーラム 2016 「プレイスメイキングとタクティカル・アーバニズム〜公共空間の活性化に向けた新たな取り組み〜」( 11/11  東京)

■ERES 公開フォーラム 2016
 「プレイスメイキングとタクティカル・アーバニズム〜公共空間の活性化に向けた新たな取り組み〜」
                          
日時:2016年11月11日(金)14:00-17:00(開場 13:30)
会場:東京大学 伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール(本郷キャンパス
主催:東京大学公共政策大学院
※事前申込制(先着順)、入場無料
申込・詳細:http://mfec.jp/forum/2016-11-11/index.html


開催趣旨

本フォーラムでは、まず第一部の基調講演で国土交通省の中村様よりプレイスメイキングに関する同省の取り組みをご紹介いただいたうえで、
第二部のパネルディスカッションでタクティカル・アーバニズムに造詣の深い専門家の方々からお話を伺うことを通じて、
公共空間の魅力向上の可能性と課題、あるいは行政・民間・市民それぞれの関わり方などについて、
多様な視点から議論を深めていきたいと考えます。

プログラム
(司会進行)特任教授 辻田昌弘

14:00 主催者挨拶
飯塚敏晃 東京大学公共政策大学院院長
14:05 寄付者挨拶
川本正一郎氏 三井不動産株式会社専務執行役員
14:10 基調講演
『官民連携まちづくり、プレイスメイキングに関する 国土交通省の取り組み』
中村健一氏 国土交通省都市局まちづくり推進課官民連携推進室長
14:50 休憩
15:00 パネルディスカッション
『タクティカル・アーバニズムとはなにか』
泉山塁威氏
明治大学理工学部建築学助教/(一社)パブリック・プレイス・パートナーズ共同代表理事 /ソトノバ|sotonoba.place編集長
村山顕人氏 (東京大学大学院工学系研究科准教授)
倉成英俊氏 ((株)電通電通総研Bチームリーダー/アクティブラーニングこんなのどうだろう研究所所長
中村健一氏 (国土交通省都市局まちづくり推進課官民連携推進室長)

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『RePUBLIC 公共空間のリノベーション』
馬場正尊/Open A 著
退屈な公共空間を面白くするアイデアブック
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1332-0.htm
『公共空間の活用と賑わいまちづくり  オープンカフェ/朝市/屋台/イベント』
財団法人都市づくりパブリックデザインセンター 編著
現行制度でも可能な手法を各地の事例で紹介
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-4079-1.htm

広告を非表示にする