読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

京の三条まちカフェ「三条通の近代建築〜その歴史と保存方法を再考する」( 11/3  京都)

■京の三条まちカフェ
三条通の近代建築〜その歴史と保存方法を再考する」
                
何気なくいつも通っている三条通
沢山の洋風近代建築が立ち並んでいます。
それらの建物について詳しく知り、
なぜ、それらが大切なのか、考えてみませんか?
特に近代建築ファンには、逃せません・・・

日時:2016 年11月3日(木・祝)
   15:00 〜 17:00(開場14:30)
場所:京都文化博物館別館2階会議室
   (三条高倉西入 旧日本銀行京都支店)
費用:申込み不要・参加費無料
詳細
http://blog.sanjyo-kyo.jp/

三条通は、明治期以降、洋風建築が建ち並ぶ京都のメインストリートとして栄えました。
現在もその面影をよく残し、多数の優れた近代建築が建ち並んでいます。
全国的に見ても極めて貴重な街並みですが、後世に引き継ぐためには、
その歴史と適切な保存活用の方法を理解することが重要です。
講演では、三条通の近代建築の歴史と保存活用についてお話し、そのあり方を再考したいと思います。

講師:笠原 一人 氏
京都工芸繊維大学助教
1970 年神戸市生まれ。1998 年京都工芸繊維大学大学院博士課程修了。
2010-11 年オランダ・デルフト工科大学客員研究員。近代建築史・建築保存再生論専攻。
共著に『近代建築史』(昭和堂)、『関西のモダニズム建築』(淡交社)、『村野藤吾の住宅建築』(国書刊行会)、
村野藤吾の建築−模型が語る豊饒な世界−』(青幻舎)ほか。日本建築学会近畿支部近代建築部会主査。
DOCOMOMO Japan 幹事。住宅遺産トラスト関西理事。

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『近代日本の作家たち  建築をめぐる空間表現』
黒田智子 編
作家の生き方・理念・作品で読む近代建築史
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN4-7615-2379-4.htm

広告を非表示にする