gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

銀座街づくり会議 /G2 020 |連続シンポジウム|第 3 回世界から見た銀座の都市デザイン( 11/11  東京)

■銀座街づくり会議 /G2 020 |連続シンポジウム|第 3 回世界から見た銀座の都市デザイン

日時:2016年11月11日(金)開演13:30〜15:30(開場13:00)
会場:銀座フェニックスプラザ 3F会議室(中央区銀座3-9-11 紙パルプ会館)
参加費:無料
詳細&申込:
http://www.ginza-machidukuri.jp/event/application_20161111.html

著書「日本の都市から学ぶこと」において、日本の文化と都市のあり方との関係に鋭い考察を提示したバリー・シェルトンさんに実際に銀座の街を歩いてもらい、建築・街並み・広告の関係、銀座デザインルールの考え方について、批評していただきます。都市を線上空間の集合構造とみなすヨーロッパと、自立自立した面のパッチワークと捉える日本(そこでは街路は画地をつなぐサービス動線でしかない)。街路が、見る-見られるための舞台であるヨーロッパと、街路とはあらゆるサインが前面に出、情報が脈動する経路である日本。日本では、建築ファサードデザインも、中で何が起こっているかを伝える情報なのだと、シェルトンさんは言います。その違いは、漢字・ひらがな・カタカナ、さらにはアルファベットが混在する文字文化に由来すると、シェルトンさんは喝破しました。銀座デザイン協議会を立ち上げて約10年。明治以来、日本の近代化を担ってきたと自負する都市・銀座は、どのような都市デザインを目指すべきなのでしょうか?

基調講演 「世界から見た銀座の都市デザイン」
バリー・シェルトン  (シドニー大学名誉教授)
パネルディスカッション
バリー・シェルトン
蓑原  敬(都市プランナー(蓑原都市計画事務所)、銀座街づくり会議アドバイザー)
小林 博人(建築家(KMDW)、慶應義塾大学教授、銀座街づくり会議アドバイザー)

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『白熱講義 これからの日本に都市計画は必要ですか』
蓑原 敬 著 藤村 龍至 著 饗庭 伸 著
教科書では学べない、都市計画の矛盾と展望。
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2571-2.htm
『都市デザインの手法 改訂版 魅力あるまちづくりへの展開』
鳴海邦碩・田端 修・榊原和彦 編
都市デザイン、環境デザインを学ぶ入門書
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN4-7615-3020-0.htm
『ドイツ・縮小時代の都市デザイン』
服部 圭郎 著
人口減少社会を生き抜くドイツの姿勢と政策
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2620-7.htm

広告を非表示にする