gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

2016 年度第 8 回都市環境デザインセミナー フランス・パリ首都圏の拡張と都心回帰( 11/ 30  大阪)

■2016年度第8回都市環境デザインセミナーご案内
 フランス・パリ首都圏の拡張と都心回帰
  〜オスマン近代都市大改造から現代再開発への展開を中心に〜

日時:2016年11月30日(水) 18時開場、18時半スタート、20時半頃終了
場所:(株)地域計画建築研究所(アルパック)大阪事務所会議室
   大阪市中央区今橋3丁目1−7 日本生命今橋ビル10階
費用:会員500円/会員外1000円/学生500円
定員:30名/申し込み先着順
   懇親会(場所等は未定です。お店で実費精算、4000円ぐらいまで)
主催:都市環境デザイン会議関西ブロック
   都市計画CPD申請中
詳細&申込
http://www.gakugei-pub.jp/judi/semina/a1611/index.htm

松本さんは、これまで主に、パリの近代オスマン大改造からパリ地域圏の拡張、
ZAC(協議整備区域)を対象とした現代都市内再整備を都市史研究の立場から研究してきました。
今回は、パリ郊外の地域圏への都市拡張の後に展開している都心回帰についてお話ししていただきます。
併せて、地方都市の状況との比較や、地方や国土といったマクロな視点も交え、フランスの首都の形成過程を論じていただきます。
日本の都市政策の状況を考える上での参考にしていただければ幸いです。
セミナー委員長 鳴海邦碩

松本 裕 さん
大阪産業大学 デザイン工学部 建築・環境デザイン学科 准教授
1966年生。京都大学大学院建築学専攻博士後期課程単位取得退学、
フランス国立パリ建築大学ベルビル校(DEA取得)。
著書(共著)に『テキスト建築意匠』『卒業設計コンセプトメイキング』
『シリーズ 都市・建築・歴史 第6巻−都市文化の成熟』『二十世紀の都市と住宅』。
論文に「大都市近郊高密度工業集積地における都市空間形成に関する研究
大阪市における道路整備事業と東大阪の都市的展開」
「<ナレッジシティー (knowledge City) 都市変換>への試行」など。

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『卒業設計コンセプトメイキング』
松本 裕 著
進め方の実際を「先生と学生の対話」で学ぶ
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1239-2.htm
『テキスト建築意匠』
平尾和洋・末包伸吾 編著
建築設計のための理論と実践を考える教科書
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN4-7615-3146-0.htm

広告を非表示にする