読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

京町家見学会「秦家」と「杉本家」( 11.26 京都)

■京町家見学会のご案内 『京町家を知る』

日時:平成28年11月26日(土) 13時から16時頃
場所:京都市下京区付近
定員:20名(先着順)
費用:2500円(見学料として)
主催:兵庫県建築士会神戸支部企画委員会
http://www.hyogo-aba.or.jp
チラシ(申込は22日まで)
http://bit.ly/2glIMOg

場  所:京都市下京区周辺
参 加 費:2500円(見学料として)


京都における町家の始まりは、平安時代。江戸時代に入って、生活が豊かになると、建築技術の合理化、規格化が進み、華奢で洗練された今日の京町家ができあがりました。
平面と構造と意匠が一体となった美しさと、そこで暮らすことにより育まれる感性を知ることは、現代の都市住宅に暮らす私たちが豊かに暮らすヒントになることでしょう。
そこで、京都らしさあふれる「秦家」と「杉本家」で京町家を体感しつつ、京都の暮らしの文化にふれる見学会を企画しました。ぜひ、ご参加ください。

<講 師>
秦 めぐみ氏(秦家住宅居住)
杉本 歌子氏(奈良屋記念杉本家保存会学芸部長)

<スケジュール>
12:45  現地集合
13:00〜 秦家住宅、杉本家住宅等を見学
16:00頃 現地解散

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『歴史に学ぶ 減災の知恵 建築・町並みはこうして生き延びてきた』
大窪 健之 著
震災後の今こそ、災害を受け流す知恵に学ぶ
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2532-3.htm
『減災と市民ネットワーク 安全・安心まちづくりのヒューマンウエア』
三舩 康道 著
住民・企業・行政の連携で災害に備えよう
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2537-8.htm

広告を非表示にする