gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

り・らいふ研究会 16 年度シンポジウム 「熊本地震をみて首都直下地震への備えを考える」(1 2/10  東京)

■り・らいふ研究会16年度シンポジウム
 「熊本地震をみて首都直下地震への備えを考える」

日時:2016年12月10日 14:30〜17:30
場所:旭化成ファミリーホール(新宿区西新宿1-24-1 エステック情報ビル9F
詳細&申込
http://www.relife.or.jp/

熊本地震について、事前の備え、被害の状況、復旧復興への道筋について、熊本大学減災型
社会システム実践研究教育センター所長の松田泰治教授から報告を聞く。
 パネルディスカッションでは、り・らいふ研究会の中林一樹理事長(明治大学政治経済学研究科・
危機管理研究センター特任教授)コーディネートにより、基調報告者に加えて、現に熊本の復興に
取り組んでいるコンサルタント及び東京都都市整備局の理事にご参加いただき、首都直下地震
の備え及び事前復興の取り組みを議論する。

●基調報告・パネリスト
基調報告:松田泰治熊本大学教授
コーディネーター:中林一樹り・らいふ研究会理事長
パネリスト:奥茂謙仁(株)市浦ハウジング&プランニング東京事務所副所長
       佐藤伸朗東京都都市整備局理事

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『[東日本大震災原発事故]復興まちづくりに向けて』
学芸出版社編集部 編
私達は何ができるのか。基本的な視座を問う
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1289-7.htm
『歴史に学ぶ 減災の知恵 建築・町並みはこうして生き延びてきた』
大窪 健之 著
震災後の今こそ、災害を受け流す知恵に学ぶ
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2532-3.htm

                                                                                                                                        • -

●11月のリツイートキャンペーン
『まちづくりの仕事ガイドブック まちの未来をつくる63の働き方』
↓URLをリツイート!抽選で1名様に1冊プレゼント
http://bit.ly/2etDNpW

広告を非表示にする