gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

第 11 回東京大学復興デザイン研究会 テーマ「災害の過去の教訓を活かし未来につなぐ」 復興準備の必要性(1 2/13  東京)

■第11回東京大学復興デザイン研究会
 テーマ「災害の過去の教訓を活かし未来につなぐ」 復興準備の必要性

日時:2016年12月13日(火)19:00-21:00
場所:東京大学本郷キャンパス・工学部14号館2階222号室
※予約不要、当日参加可

東日本大震災を契機に、これまでの工学的技術を統合して、新たな復興デザイン研究を築くために、
復興デザイン研究会を開催しています。第11回は、「復興準備」の手法の開発と実践に取り組む
研究者をお招きし、その必要性と理論をお伺いします。
予約は要りませんので、ご関心のある方はぜひいらしてくだい。お待ちしております。

企画趣旨:
首都直下地震南海トラフ巨大地震など、来るべき新たな災害では過去に見えなかった課題が
生じるとことが懸念されており、事前に災害後の復興課題を理解し、復興時期に生じる問題を
緩和する手段を事前に検討し準備しておく「事前復興」、「復興準備」という考え方に注目が集まっています。
復興準備の一環である「復興イメージトレーニング」の手法の開発と複数の自治体における実践に
取り組む研究者の方に、その必要性や理論についてお伺います。

内容:
・レクチャー
  加藤孝明(東京大学生産技術研究所都市基盤安全工学国際研究センター)
・会場を交えたディスカッション

 ※終了後、懇親会を予定しています。

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『歴史に学ぶ 減災の知恵 建築・町並みはこうして生き延びてきた』
大窪 健之 著
震災後の今こそ、災害を受け流す知恵に学ぶ
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2532-3.htm
『減災と市民ネットワーク 安全・安心まちづくりのヒューマンウエア』
三舩 康道 著
住民・企業・行政の連携で災害に備えよう
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2537-8.htm

広告を非表示にする