読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

比較住宅都市研究会縮退時代の都市開発ー新規開発から既存市街地の開発へ (12/9  東京)

■比較住宅都市研究会
  縮退時代の都市開発ー新規開発から既存市街地の開発へ

日時:2016年12月9日(金)18時30分〜20時30分
報告者:周藤利一氏(明海大学不動産学部教授)
参加費:1000円(会場費、飲み物などの費用として利用します)
詳細&申込:
http://home.g08.itscom.net/ebizuka/

要旨:
 低成長、人口減少、空き地・空き家の増加といった縮退の時代のまちづくり、土地
利用のあり方は、従前とは異なる発想で臨まなければならないにもかかわらず、依然
として右肩上がりの時代の発想に囚われた動きが各地で散見される。韓国では、離れ
た地域を一体として再生計画を策定し、片方をダウンゾーニングし、高密度な土地利
用を集約する結合開発方式(Conjoint Renewal Program)が導入されている。我が国
でも都市再生特別措置法の改正によりコンパクトシティの枠組みが導入されたが、こ
れだけでは不十分なことは明らかである。都市の成長管理をしっかりと行ってグリー
ンフィールドを守り、経済と生活と環境が調和的に持続可能な形で維持・発展できる
ための発想と仕組みは何か。皆さまと共に考えたい。

講師のプロフィール:
1979年東京大学法学部卒業、同年建設省に入省、在大韓民国日本国大使館二等書記
官、住宅局住宅政策課住宅政策調整官、土地・水資源局土地情報課長、国土交通政策
研究所所長などを歴任。2015年4月より現職

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
☆2刷決定!『ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか 質を高めるメカニズム』
高松 平藏 著
小さく賢く進化するエアランゲンのつくり方
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1364-1.htm
『空き家の手帖 放っておかないための考え方・使い方』
六原まちづくり委員会 著 ぽむ企画 著
片付け・相続・耐震・お金の話と活用の実例
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1365-8.htm

                                                                                                                                        • -

●12月のリツイートキャンペーン
『ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか 質を高めるメカニズム』
↓URLをリツイート!抽選で1名様に1冊プレゼント
http://bit.ly/2g9hmr3

広告を非表示にする