gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【イベント案内】思考と技術と対話の学校:集中講座「アートプロジェクトが向かう、これからの在り方」( 2/1 1  東京)

■思考と技術と対話の学校:集中講座「アートプロジェクトが向かう、これからの在り方」

日時:2017年2月11日(土)15:00~18:00 場所:アーツカウンシル東京ROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14-302 [3331 Arts Chiyoda 3F]) 会費:無料 定員:50名(事前申込者優先) 詳細&申込 http://tarl.jp/school/2016/shuchu2/

東京2020オリンピック・パラリンピックを控え、芸術祭やアートプロジェクトなど文化事業への期待は、 益々高まりをみせています。その一方で、乱立する芸術祭の在り方とその差別化、 持続可能なアートプロジェクトの在り方やそれを支える運営体制などの仕組みづくりは、 引き続き大きな課題です。集中講座では、アートがもたらす気付きや可能性の意義を問い続け、 実験的な活動に取り組むゲストを迎え、現在彼らが向き合う課題や挑戦を共有しながら、 アートプロジェクトのこれからの在り方を探ります。 文化事業やアートプロジェクトの運営に関心のあるみなさま、ぜひお越しください。

2016年秋、世界的なクラッシック音楽や現代アートのフェスティバル「アッセンブリッジ・ナゴヤ」が開催されました。 アート部門の『パノラマ庭園-動的生態系にしるす-』では、大人がゆっくり歩いて1時間ほどの名古屋港エリアを舞台に、 まちや暮らしの隙間にアートが入りこんでいくようなプロジェクトを展開。さらに、各会場の立地や巡り方からは、 単に作品を鑑賞するだけではなく、参加者の視点や感覚を能動的にする「体験の設計」が見られるなど、 まちとアートの心地よいバランスを感じさせるものでした。今回は、その取り組みと挑戦に着目しながら、 プロジェクトの運営に迫ります。事業設計や運営体制、チームワークの在り方、地域の人々との関係性の築き方など、

事例にそってひとつひとつ紐解きながら、持続可能なアートプロジェクトの在り方について考えます。

◎学芸出版社の本 『ソーシャルアート~障害のある人とアートで社会を変える』 たんぽぽの家 編 森下 静香 著 山下 完和 他著 自分らしく生きるアート×福祉×仕事の現場 http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2630-6.htm 『空間づくりにアートを活かす』 池村明生 著/株式会社環境計画研究所 企画 建築・まちづくりにアートをどう採り込むか http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN4-7615-2388-3.htm

広告を非表示にする