読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【イベント案内】「パブリックスペース論文・プロジェクト発表会 2017 」ソトノバ TABLE #13 ( 3/4  東京)

イベント案内

■「パブリックスペース論文・プロジェクト発表会2017」ソトノバTABLE#13

日時:2017年3月4日(土)14:00~20:00
会場:好奇心の森「ダーウィンルーム DARWIN ROOM」
東京都世田谷区代沢5-31-8(下北沢駅より徒歩10分)http://www.darwinroom.com
主催:ソトノバ|sotonoba.place
運営:一般社団法人パブリック・プレイス・パートナーズ
参加費:3000円(一般)
2000円(発表者・学生)
詳細&申込
http://sotonoba.place/20170304sotonobatable13

「ソトを居場所に、イイバショに!」をテーマにした、
パブリックスペース特化型ウェブマガジン。ソトノバ|sotonoba.place。
そんなソトノバがお送りするリアルな場でのソトやパブリックスペースを楽しく語る座談会、「ソトノバTABLE」。
13回目は、1年前も実施した、「パブリックスペース論文・プロジェクト発表会」。
卒業論文修士論文、あるいは自主研究など、様々なパブリックスペース論文や、
実務でのパブリックスペースプロジェクトを紹介し、それを元に、参加者と共に議論します。
昨年のレポート:http://sotonoba.place/sotonobatable4-2
2017年はどんなプロジェクトや論文が出てくるのか、楽しみです。
後半は、発表者、参加者共に交流するソトノバ・ドリンクス。
パブリックスペースに関する知識も事例も、ネットワークも、楽しく語りながら得られるソトノバTABLEに、ぜひご参加下さい。


◎学芸出版社の本
『ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか 質を高めるメカニズム』
高松 平藏 著
小さく賢く進化するエアランゲンのつくり方
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1364-1.htm


ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか:質を高めるメカニズム

ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか:質を高めるメカニズム

 


『エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ
馬場正尊、Open A 編著、明石卓巳、小山隆輝、加藤寛之、豊田雅子、倉石智典、嶋田洋平 著
6都市の先駆者が語る、街を変える方法論
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2622-1.htm


エリアリノベーション:変化の構造とローカライズ

エリアリノベーション:変化の構造とローカライズ

 


●2月のリツイートキャンペーン
『そのまま使える 建築英語表現』(山嵜 一也 著)
↓URLをリツイート!抽選で1名様に1冊プレゼント
http://bit.ly/2koII1F

広告を非表示にする