読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【イベント案内】大阪地域振興調査会セミナー 2017 「社寺に着目した観光まちづくりの未来像」( 3/28  大阪)

イベント案内

■大阪地域振興調査会セミナー2017
 「社寺に着目した観光まちづくりの未来像」
  -インバウンド観光から歴史・文化・暮らしの観光まちづくりの時代へ-

日時:2017年3月28日(火)午後1時30分~午後4時30分(受付1時より)

会場:大阪商工会議所 4階 401号会議室(大阪市中央区本町橋2-8)
主催:一般財団法人 大阪地域振興調査会
共催:大阪商工会議所
後援:(予定)大阪府大阪市
参加費:無料(但し当日資料代 別途)
詳細&申込
http://judi.sub.jp/170328oosaka.pdf

社寺は都市創成の原点であり、観光をはじめ文化芸能、建築工芸などの都市型産業を牽引してきた。
大阪では、わが国初の官寺四天王寺(593年創建)が熊野街道の大観光拠点となり、
中世の15世紀末には現在の阿倍野区天王寺区にまたがる都市エリアに7000軒もの人家が建ち並ぶ大都市が形成された。
近世の天下の台所は同時に上町台地に社寺観光のメッカと行楽のリゾートエリアを備えていたのである。
これからの都市づくりに於いて、社寺のもつ歴史的ポテンシャルを再発見し、
現代の文化・観光・都市型新産業の創出など、次世代のまちづくりにどう活かしていくか。
その可能性について多角的に探るとともに、新しいまちづくりのコンセプトを発見し提言する。
本セミナーは、参加者の自由な議論の場として開催いたします。

 


◎学芸出版社の本
『地域の産業・文化と観光まちづくり 創造性を育むツーリズム』
古池嘉和 著
観光が地域経済に果たす意義と役割とは何か
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1279-8.htm

 

地域の産業・文化と観光まちづくり―創造性を育むツーリズム

地域の産業・文化と観光まちづくり―創造性を育むツーリズム

 

 

『観光まちづくりのマーケティング
十代田 朗 編著/山田雄一・内田純一 他著
地域の視点から如何に取り組むべきかを解説
http://book.gakugei-pub.co.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2496-8.htm

 

観光まちづくりのマーケティング

観光まちづくりのマーケティング

 

 


●2月のリツイートキャンペーン
『そのまま使える 建築英語表現』(山嵜 一也 著)
↓URLをリツイート!抽選で1名様に1冊プレゼント
http://bit.ly/2koII1F

広告を非表示にする