読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【イベント案内】講演会:「京都×空き家活用×まちづくり」~京都の空き家活用の未来予想図~( 3/18  京都)

■講演会:「京都×空き家活用×まちづくり」~京都の空き家活用の未来予想図~

日時:平成29年3月18日(土)午後2時~午後4時   (受付:午後1時半~)

場所:キャンパスプラザ京都 第3講義室
詳細&申込
http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000213664.html

福岡のまちを愛し,老朽ビル再生を通して,まちの活性化に取り組んでおられる吉原勝己氏をお招きし,講演会を開催いたします。
講演会の後は,京都で空き家活用に取り組んでおられる方を加えてトークセッションも行います。
他地域での取組に学びながら,京都ならではの空き家活用の可能性について考えて見ませんか。

講演会:吉原住宅有限会社代表 吉原 勝己氏(※)による講演

   トークセッション:吉原 勝己氏
            大島 祥子氏
            魚谷 繁礼氏
            西村 直己氏
            村田 敬太郎氏

※吉原 勝己(吉原住宅有限会社/株式会社スペースRデザイン)

福岡市中央区の旅館育ち。西南中,福岡高校九州大学理学部卒業後,
旭化成で臨床研究を17年行い,大家業の吉原住宅に後継者入社。
2003年,老朽化経営危機の博多区山王マンションにおける,
福岡初のリノベーションが経営再生とひとのつながりを生み出すことを確認し
「ビンテージ賃貸」の概念を確立。続き,築58年「冷泉荘」で第25回福岡市都市景観賞受賞。
その後,福岡を中心に28棟を再生。久留米市での経年団地再生事業,
大牟田市の商店街活性化など福岡県下のまちの活性化で活動中。

 


◎学芸出版社の本
『空き家の手帖 放っておかないための考え方・使い方』
六原まちづくり委員会 著 ぽむ企画 著
片付け・相続・耐震・お金の話と活用の実例
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1365-8.htm

 

空き家の手帖:放っておかないための考え方・使い方

空き家の手帖:放っておかないための考え方・使い方

  • 作者: 六原まちづくり委員会,ぽむ企画
  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2016/09/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 



●2月のリツイートキャンペーン
『そのまま使える 建築英語表現』(山嵜 一也 著)
↓URLをリツイート!抽選で1名様に1冊プレゼント
http://bit.ly/2koII1F

広告を非表示にする