読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【イベント案内】2016 年度コミュニティ政策学会シンポジウム( 3/5  大阪)

イベント案内

■2016年度 コミュニティ政策学会シンポジウム

日時:2017年3月5日(日)13:00~16:30

※閉会後、懇親会も予定しております。要事前申し込み。会場調整中。
会場:立命館大学茨木キャンパス
  立命館いばらきフューチャープラザ=B棟・3F コロキウム
会費:学会員500円、一般1000円
詳細&申込
http://kokucheese.com/event/index/446082/

まちづくりの現場では、若い担い手が不足しがちであると言われています。
まちづくりの現場に若い力を取り入れていくことは、コミュニティ政策においても長らく課題でしたが、
上首尾に解決できたという話はなかなか耳にできていません。
しかし近年、どういうわけか、各地のまちづくりの現場で、
まちづくり活動を生業にする若い担い手が散見されるようになっています。
一体若者たちの間で、まちの現場で、何が起こっているのでしょうか?
彼らは一体どんな動機と経緯で、どのような形でまちづくりに関わり、そしてこれから何を目指していくのでしょうか?
その背景を知ることは、今後のまちづくり、ひいてはコミュニティ政策を考えていく上で、大いに参考になることでしょう。
今回は、主に京都をフィールドにまちづくり活動を担う20代から30代の若いまちづくりの担い手をパネラーに招き、対話する場を設けました。
是非ご参加くださいませ。


◎学芸出版社の本
☆3刷決定!『ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか 質を高めるメカニズム』
高松 平藏 著
小さく賢く進化するエアランゲンのつくり方
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1364-1.htm

 

ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか:質を高めるメカニズム

ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか:質を高めるメカニズム

 

 

 

☆3刷決定!『まちづくりの仕事ガイドブック まちの未来をつくる63の働き方』
饗庭伸 小泉瑛一 山崎亮/編著
デザイナーから公務員、起業のススメまで!
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1363-4.htm

 

まちづくりの仕事ガイドブック:まちの未来をつくる63の働き方

まちづくりの仕事ガイドブック:まちの未来をつくる63の働き方

 

 

広告を非表示にする