gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【イベント案内】郊外の未来を考える住みたい・働きたい街は自分で作ろう!(3.20、東京)

■郊外の未来を考える 住みたい・働きたい街は自分で作ろう!

日時:2017年3月20日(月祝)14:00~17:00

場所:新宿パークタワー ホール
   (リビングデザインセンターOZONE 3階)
費用:2000円、学生1000円(事前申込制)
詳細
http://www.ozone.co.jp/pro/seminar/detail/230

郊外とはどういうところか、住みやすいのか、働ける場所なのか、これからの郊外はどうなるのか…
東京の郊外を拠点に活動するデザイナー、ショップ経営者、地域工務店、エリアマネジメントの有識者が集まり、これからの郊外での暮らし方・働き方について議論します。また、東京の郊外での暮らしの実践者によるプレゼンテーションや海外におけるエリアマネジメント事例の解説などを通して、積極的に郊外に住み、職住近接を実現させること、その選択の可能性を考えます。

このシンポジウムは、郊外で住みながら働くことの意義や可能性を考える企画展「小泉誠と仲間たちが考える 郊外のすゝめ」に連動して開催するものです。

-----------------------------------
○学芸出版社の本
『郊外の20世紀 テーマを追い求めた住宅地』角野幸博 著
百年間の理想と現実を検証。再生の道を探った名著。品切れ。図書館でどうぞ
http://book.gakugei-pub.co.jp/mokuroku/book/ISBN4-7615-2233-X.htm

 

郊外の20世紀 : テーマを追い求めた住宅地

郊外の20世紀 : テーマを追い求めた住宅地

 

 

広告を非表示にする