gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【イベント案内】豊中まちづくりフォーラム『民間放送が誕生したころ』 (4.11 豊中)

■第110回豊中まちづくりフォーラム
民間放送が誕生したころ』

講師:辻 一郎 氏 (関西民放クラブ理事、毎日放送客員)

日時:2017年4月11日(火)/ 午後6時30分開始
会場:ホテル・アイボリー
   (楓の間 2階) 阪急豊中駅前 (電話:06-6849-1111)
費用:1,000円 会場準備の都合上ご予約をお願いします。
詳細&申込
http://www.tmconet.com/forum.html

今回は、放送の歴史、それも民間放送が誕生した1950年代から60年代初めにかけての放送を振り返ります。 このところ放送、特にテレビについては、「つまらない」との声がしきりです。「どのチャンネルでも、同じ顔ぶれの人が並んでいて、同じようなことを喋っている。見る気がしない」という声です。
どうしてこんなことになったのでしょうか。それを考えるにあたっては、放送の歴史を繙くことも必要です。
1951(昭和26)年、日本で最初の民間放送を始めたのは、面白いことに東京でなく、大阪の新日本放送(現毎日放送)と名古屋の中部日本放送でした。何故でしょうか。しかも当時、NHKが非公式に作っていた「商業放送対策本部」では、「中部日本放送は半年もつまい。新日本放送は1年はもつかもしれない」と予測していたと言います。
しかしその予測を裏切って民間放送は人気を博しました。では、誕生当時、新日本放送はどんな番組を編成し、どんな番組が人気だったのでしょうか。 今回は放送と言えばラジオしかなかった時代からテレビが登場するまでの放送事情を大阪を中心に眺め、それを通じて、テレビのあり方を考えます。

-----------------------------------
●学芸出版社の本・近刊予定
『アルスエレクトロニカの挑戦:
 なぜオーストリアの地方都市で行われるアートフェスティバルに、世界中
 から人々が集まるのか』
鷲尾 和彦 著

 

広告を非表示にする