読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【イベント案内】2017 年第 3 回都市環境デザインセミナー「駅からはじまる魅力あるまちづくり」( 5/23 、大阪)

■2017年第3回都市環境デザインセミナー
 「駅からはじまる魅力あるまちづくり」
日時:2017年5月23日(火) 18:00頃開場、18:30~20:30
   ※終了後懇親会(場所等は未定)
場所:関大ミライズ(関西大学梅田キャンパス)701教室
講師:杉岡篤 氏(JR西日本 創造本部副本部長)
会費:会員500円
   非会員1000円
   学生500円
定員:50名(申し込み先着順)
主催:都市環境デザイン会議関西ブロック
詳細&申込
http://www.gakugei-pub.jp/judi/semina/a1705/index.htm

<趣旨>
近年モータリゼーションの進展や市街地のスプロールなどにより、中心市街地の空洞化が進み、駅および駅周辺が本来求められている役割や機能を果たしているとは言えない状況が見受けられる。
これまでも鉄道は地域と共に歩んできたが、人口減少社会の進展や環境問題の観点からも、駅および駅周辺に各種都市機能の充実を図ることにより、駅を中心としたまちづくりを進めることが求められている。
今回は、JR西日本の杉岡さんから、鉄道の駅と地域のまちづくりの歩みを振り返るとともに、最近の駅を中心としたまちづくりの事例を紹介していただく。
今後のまちづくりのあり方に関する示唆が得られると思うので、奮ってご参加ください。(鳴海邦碩)

<講師プロフィール>
JR西日本 造本部副本部長。1982年京都大学工学研究科修士課程修了。
国鉄に入社後、民営分割に伴いJR西日本へ。主として鉄道関係のプロジェクト等を担当し、広島支社長を経て現職。

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
『コミュニティ交通のつくりかた 現場が教える成功のしくみ』

コミュニティ交通のつくりかた: 現場が教える成功のしくみ

コミュニティ交通のつくりかた: 現場が教える成功のしくみ

 

森栗茂一 編著、猪井博登 野木秀康 著
交通まちづくりを通じ地域が躍動していく姿

book.gakugei-pub.co.jp

広告を非表示にする