gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【イベント案内】TABLE#16 「 Public Parklet Japan2017 日本らしい「パークレット」を考えるアイデアソン」ソトノバ( 5.11 東大駒場 2 )

■ソトノバTABLE#16
 「Public Parklet Japan2017 日本らしい「パークレット」を考えるアイデアソン」
日時:2017年5月11日(木) 19:00~22:00
場所:東京大学先端科学技術研究センター4号館
   4F412号室コミュニケーションラボ
   (東京都目黒区駒場4丁目6番1号)
http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/home/access/index_ja.html
主催:ソトノバ
企画:ソトノバ・ラボ|パークレットラボ(Public Parklet Japan)
費用:一般(ワンドリンク付き)…1500円
   学生(ワンドリンク付き)…1000円
   参加チケット+α(一般)|ソトノバシール・缶バッジ+ワンドリンク付き…1600円
   参加チケット+α(学生)|ソトノバシール・缶バッジ+ワンドリンク付き…1100円
申込&詳細

sotonoba.place

16回目は、昨年ソトノバTABLEで実施した、「Public Parklet Japan」。
昨年はパークレットとは何か?というテーマでしたが、パークレット研究も進むにつれ、日本でもパークレット導入の議論も耳にするようになりました!
しかし、アメリカと日本では問題意識や導入ニーズも異なるため、パークレット導入については議論が必要です。
そこで、今回は、日本での

sotonoba.place

パークレットのあり方とは何か?
日本らしい「パークレット」を考えるアイデアソンを実施します。
プレゼンには、サンフランシスコパークレット、KOBEパークレット、錦二丁目(ストリートウッドデッキ)・長者町ウッドテラス(歩道拡幅社会実験)などの事例紹介です。
パークレットのインスパイアを受け、日本らしいパークレットを議論していきましょう。

<タイムライン>
19:00 ソトノバINN
19:15 イントロ
19:30 パークレット・トーク
   ・「サンフランシスコのパークレット視察報告など」
   泉山塁威(ソトノバ編集長/東京大学先端科学技術研究センター助教
   ・「KOBE パークレット」
   大西一成、桝井敦(神戸市 建設局 道路部 計画課 パークレット担当)
   ・「錦二丁目(ストリートウッドデッキ)・長者町ウッドテラス(歩道拡幅社会実験)」
   村山顕人(東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻 准教授)
20:30- パークレット・アイデアソン
   ・趣旨説明
   ・全体で日本版パークレットの論点整理
   ・グループごとに日本版パークレットについての議論、ネーミング付け など
21:45- 全体でシェア

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
『駐車場からのまちづくり 都市再生のために』

駐車場からのまちづくり: 都市再生のために

駐車場からのまちづくり: 都市再生のために

  • 作者: 岸井 隆幸,大沢 昌玄,松本篤,半田真理子,松村みち子,中村文彦,日野祐滋,木谷弘司,横浜市都市整備局,松井直人,国際交通安全学会
  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2012/04/13
  • メディア: 単行本
  • クリック: 3回
  • この商品を含むブログを見る
 

公益財団法人国際交通安全学会 編
岸井隆幸、大沢昌玄 他著

book.gakugei-pub.co.jp

広告を非表示にする