読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【イベント案内】JSURP まちづくりカレッジ 2017 前期課程プログラム「タクティカル・アーバニズムの作法」( 5/12 締切)

■JSURPまちづくりカレッジ2017前期課程プログラム
「タクティカル・アーバニズムの作法~パブリックスペース活用における戦術とアプローチ~」

これまでの都市計画・都市デザインの手法は、ビジョン・計画から始まり、ハード整備をすることが主眼でした。
しかし、本質的に価値ある、人に使われるパブリックスペースをつくるには、実験的アクションから検証しながら進めるプロセスが欠かせません。
米国を中心に近年注目される「タクティカル・アーバニズム」にそのヒントがあると考える。日本でもパブリックスペース活用の検証を行う社会実験事例が増加し、その適用性が注目されます。
本講座は、タクティカル・アーバニズムの考え方や戦術などを講師によるレクチャーとグループワークから学び、モデル敷地で実験プログラム、アクティビティ調査を企画、実践を行い、タクティカル・アーバニズムの作法を学びます。

費用:全5回 一般15,000円/学生5,000円
   制作費別途 一人5.000円
   ※タクティカル・アーバニズムアクションの制作時材料に使用します。各回では、グループに分かれ、アクションの企画検討を行います。
詳細→http://tacticalurbanism.jp/tustudio2017/
申込→https://goo.gl/vnv7Dm ※2017年5月12日(金)まで


<プログラム日程>
【第1回】 「タクティカル・アーバニズムの概念とプロセスを学ぶ」
 5月23日(火) 19:00~20:00+交流会
 講師:荒井詩穂那/(株)首都圏総合計画研究所
 泉山塁威/東京大学先端科学技術研究センター助教

【第2回】 「経験者から学ぶタクティカル・アーバニズム」
  6月13日(火) 19:00~21:00
 講師:天野裕/岡崎まち育てセンター・りた事務局長 チーム・おとがワ!ンダーランド事務局

【第3回】 「デザインから学ぶタクティカル・アーバニズム」
  6月26日(月) 19:00~21:00
 講師:水野大二郎/慶應義塾大学環境情報学部准教授、DESIGNEAST実行委員

【第4回】 「アクティビティ調査手法とまとめ方」
 7月3日(月) 19:00~21:00
 講師:三浦詩乃/横浜国立大学都市イノベーション研究院助教
 泉山塁威/東京大学先端科学技術研究センター助教

【アクション】「タクティカル・アーバニズムのアクションとアクティビティ調査の実践」
 7月 ※日程及び場所は、受講生にお知らせいたします。

【第5回】 「パブリックスペース改善提案-グループ成果発表と講評-」
 7月25日(火) 19:00~21:00+交流会
 講評:藤井宏章/NPO法人大丸有エリアマネジメント協会事務局長/三菱地所開発推進部

<JSURPまちづくりカレッジスピンオフ企画>
 「タクティカル・アーバニズムのはじめ方」ソトノバTABLE#17
 6月7日(木) 19:00~22:00

sotonoba.place


●学芸出版社の本
サステイナブル都市の輸出 戦略と展望』

サステイナブル都市の輸出: 戦略と展望 (東大まちづくり大学院シリーズ)

サステイナブル都市の輸出: 戦略と展望 (東大まちづくり大学院シリーズ)

  • 作者: 和泉洋人,城所哲夫,瀬田史彦,野田由美子,岸井隆幸,野城智也,加藤浩徳,森口祐一,滝沢智,石井亮,田中準也,森川真樹,安藤尚一,櫃本礼二,信時正人,橋本徹,松村茂久,原田昇
  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2017/03/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

原田昇 監修、和泉洋人 城所哲夫 瀬田史彦 編著
先進ビジネス事例と戦略的官民連携への提言

book.gakugei-pub.co.jp

広告を非表示にする