gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【イベント案内】第 25 回都市環境デザインフォーラム関西「日本のまちに座る-公共空間を豊かにするデザイン-」( 5/20 、大阪)

■第25回都市環境デザインフォーラム関西
  「日本のまちに座る-公共空間を豊かにするデザイン-」

日時:2017年5月20日(土) 12:30開場、13:00~
場所:関大ミライズ(関西大学梅田キャンパス)8階ホール
費用:会員500円/会員外1000円/学生500円
定員:150名 ※申し込み先着順
詳細&申込

www.gakugei-pub.jp

今、誰のものでもなくなっていた公共空間が私たちのものに取り戻され始めた。
座ればそこが自分の居場所になり、座っている自分がまちの風景に溶け込む。
座ることの豊かさがまちをもっと魅力的に輝かせる。
本フォーラムでは、世界中の様々な公共空間での座るデザインを見つめ直し、まちに座る意味を問い直すことから、日本のまちにふさわしい「まちに座る」空間デザインと、「まちに座る」"しつらい"のあり方を議論したい。(フォーラム委員長 山室浩一)

<主なプログラム>
〇基調講演1
 「日本人はどのようにまちに座ってきたか~洛中洛外図から小津映画まで」
 中村 伸之(JUDIフォーラム委員・ランドデザイン代表)
〇基調講演2
 「ひとの居場所とグランドレベル」
 田中 元子(株式会社グランドレベル 代表)
〇モニターメッセ関西2017
 出展メーカー:アリモト工業/コトブキ/住軽日軽エンジニアリング/太陽工業/日本街路灯製造/日本興業(50音順)
〇パネルディスカッション
 コーディネーター:角野 幸博(JUDIフォーラム委員・関西学院大学教授)
  (1)まちに座る場所づくりの事例説明
    1) KOBEパークレット社会実験
     ……桝井敦(神戸市建設局道路部道路課)
    2) 座るを哲学する世界のベンチ研究
     ……大西正紀(株式会社 グランドレベル リサーチャー)
    3) ベンチのカタチを考える
     ……中野竜(株式会社コトブキマーケット本部企画室長)
    4) 都市空間に座る『価値』
     ……門脇宏治(株式会社GK設計)
    5) ストーリーから座り場のデザインを考える
     ……八木弘毅(日建設計シビル)
  (2)パネルディスカッション
〇総評


●学芸出版社の本
『にぎわいの場 富山グランドプラザ 稼働率100%の公共空間のつくり方』
山下裕子
市民に愛される公共空間の計画から運営まで

book.gakugei-pub.co.jp

広告を非表示にする