gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【イベント案内】2017 年第 4 回都市環境デザインセミナー A I (人工知能)は建築や都市の何を変えるのか?( 6/30 、大阪)

2017年第4回都市環境デザインセミナー
 AI(人工知能)は建築や都市の何を変えるのか?

日時:2017年6月30日(金) 18:30~20:30、18:00頃開場
場所:関大ミライズ(関西大学梅田キャンパス)701教室
 大阪府大阪市北区鶴野町1-5(1階はTUTAYAです)
会費:会員500円/会員外1000円/学生500円
定員:先着65名
主催:都市環境デザイン会議関西ブロック
講師:豊田啓介|KEISUKE TOYODA(株式会社ノイズ)
詳細
http://www.gakugei-pub.jp/judi/semina/a1706/index.htm

<内容>
AI(人工知能)に関する新聞記事、書籍、報道などを毎日のように見かけるようになった。都市、建築デザインの専門家と称する私たちにとっても、対岸の火事ではないはずである。
AIを活用した都市(建築)デザインとはどのようなものか?その街の地理的条件、歴史、風土、法規制、経済状況、プロジェクトが持つ多様なコンディション瞬時に解析し、最適なデザインをアウトプットできるのか?
片やまちや建築には、必ず「人」が居て、様々な想い・感情が介在する。そこまでも読み取ることができるのか?
これらのAIの活用による都市(建築)デザインの可能性を探るセミナーとして、既成の領域を超えて、最先端のコンピューショナルな試み、実践されている、NOIZ 豊田啓介氏をお招きする。

<講師プロフィール>
豊田啓介|KEISUKE TOYODA
2007年に豊田啓介と蔡佳萱のパートナーシップとして東京で設立。2009年より台北事務所を併設。2016年より酒井康介をパートナーに加える。
コンピューテーショナルな手法を積極的に駆使し、建築デザインやインテリア、インスタレーション等幅広いジャンルで国際的に活動。
最新デジタル技術のデザインやファブリケーション、システム実装等に関しても、教育やリサーチ、コンサルティング活動を積極的に展開している。

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
堀部安嗣 小さな五角形の家』

堀部安嗣 小さな五角形の家:全図面と設計の現場

堀部安嗣 小さな五角形の家:全図面と設計の現場

 

堀部安嗣 著、柳沢究 構成
建築家が30坪の住宅に込める設計思想の全貌

book.gakugei-pub.co.jp

広告を非表示にする