gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【イベント案内】『アルスエレクトロニカの挑戦』出版記念イベント(6.20、東京)

http://www.gakugei-pub.jp/top/slide/5525arselectronica-event-2.jpg

『アルスエレクトロニカの挑戦』出版記念
「アルスエレクトロニカの実践から、東京の未来を考える」
鷲田和彦氏(本書著者)、林千晶氏、脇田玲氏ご登壇

━概要
日 時:2017年 6月20日(火)19:00~21:00(18:50開場)
場 所:Art & Science gallery lab AXIOM
    東京都港区六本木5-9-20 2F
費 用:1000円
定 員:40名
↓詳細&申込はこち

peatix.com

━趣旨
このたび刊行された『アルスエレクトロニカの挑戦 なぜオーストリアの地方都市で行われるアートフェスティバルに、世界中から人々が集まるのか』は、10年に渡りアルスエレクトロニカを観察してきた著者が、アルスエレクトロニカ、ならびにリンツ市の文化・社会政策の全貌を記したものです。
今回は、ゲストに欧州委員会とアルスエレクトロニカが運営する「STARTS賞」の審査員も務める林千晶氏を迎え、長年アーティストとしてアルスエレクトロニカに参加してきた脇田玲氏、著者・鷲尾和彦氏ら現場を知る三人が、リンツの実践から東京や日本の都市は何を学ぶことが出来るのか、率直に語り尽くします。モデレーターは学芸出版社・井口夏実が務めます。

━登壇者
・林千晶:株式会社ロフトワーク代表取締役
・鷲尾和彦:クリエイティブ・プロデューサー(株式会社博報堂)/写真家/AXIOMアーティスティック・アドバイザー
・脇田玲:アーティスト、慶應義塾大学環境情報学部教授
<モデレーター>井口夏実:(株)学芸出版社編集室長

---
◎関連書籍
『アルスエレクトロニカの挑戦
なぜオーストリアの地方都市で行われるアートフェスティバルに、世界中から人々が集まるのか』
鷲尾和彦 著、協力:アルスエレクトロニカ博報堂

book.gakugei-pub.co.jp

デザイン情報サイト「JDN」のおすすめの1冊コーナーでも紹介いただきました!

www.japandesign.ne.jp