gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【イベント案内】公開シンポジウム「老いる家 崩れる街 ~参加による再生への処方箋~」( 6/23 、東京)

http://www.coopkyo.gr.jp/vi-images/vi01.jpg

公開シンポジウム
 「老いる家 崩れる街 ~参加による再生への処方箋~」

日時:6月23日(金) 18:30~20:30(開場18:10)
場所:文京区民センター3階 3-A会議室
   東京都文京区本郷4-15-14
費用:1,000円(学生500円)
主催:NPOコーポラティブハウス全国推進協議会
詳細&申込
http://www.coopkyo.gr.jp/news/20170529.html

都市部では超高層マンションの建設ラッシュが相変わらず続いています。
一方で、空き家の増加が社会問題となり、老朽化したマンションの行く末が課題となっています。
本シンポジウムでは、昨年末に出版され一般の読者にも話題になった『老いる家 崩れる街』の著者、東洋大学・野澤千絵教授をお迎えし、マンションを中心とした老朽化する都市住宅の建替えや再生に向けて、参加型の住まい・まちづくりの取り組みも交えて、制度・ファイナンスや合意形成など取りまく課題とその処方箋を探ります。

<登壇者>
・基調講演 野澤千絵氏(東洋大学建築学科 教授)
・パネラー 杉山昇(都市住宅とまちづくり研究会 理事長)
     江国智洋(象地域設計 取締役)
     石川修詞(タウン・クリエイション 代表)
・コーディネーター 村島正彦(studio harappa 代表/コーポラティブハウス全国推進協議会 理事)

◎野澤千恵氏の著書

http://book.gakugei-pub.co.jp/cgi/share/books/150px/5463.jpg

『白熱講義 これからの日本に都市計画は必要ですか』
原敬 藤村龍至 饗庭伸 野澤千恵 他著
教科書では学べない、都市計画の矛盾と展望。

book.gakugei-pub.co.jp