gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

新刊発売!『ポスト2020の都市づくり』井口典夫、中村伊知哉ほか著

http://book.gakugei-pub.co.jp/cgi/share/books/150px/5528.jpg

『ポスト2020の都市づくり』

井口典夫・中村伊知哉・芹沢高志・玉置泰紀・小林洋志・保井美樹・松岡一久 著
一般社団法人 国際文化都市整備機構(FIACS) 編

四六判・288頁
定価 本体2400円+税

ソフトパワーによるプロジェクトデザイン>
従来のハード開発とは違うソフト開発の分野から、まちづくりに関わる人が増えている。クリエイティブシティ、ポップカルチャー&テクノロジー、アートマネジメント、エンターテインメント、ブランディング、エリアマネジメントのエキスパートが実践に基づき提案する、ソフトパワーによるイノベーティブなまちづくり。

━目次
序文 「ポスト2020年」が意味するもの(水野誠一)
1章 創造都市の理念と実際(井口典夫)
2章 都市の創造力を高める「ポップ」&「テック」(中村伊知哉)
3章 来たるべき計画者のために~アートプロジェクトの現場から(芹沢高志)
4章 アートは地域に取り込まれるのか、地域はアートに力をもらえるのか(玉置泰紀)
5章 街のブランディングとソフトインフラ(小林洋志)
6章 動きだすパブリックスペースと運営組織のデザイン(保井美樹)
7章 都市開発の変化とソーシャルハブの形成(松岡一久)

弊社書籍ページ|

bit.ly

 ★「目次」「序文」を試し読みできます!
Amazon

amzn.asia

━━━━━━━━━━━━━━━━━
●学芸出版社 おすすめの1冊
『場のデザインを仕事にする』
中村真広×村上浩輝×ツクルバ 著|

bit.ly

★太刀川瑛弼さん(NOSIGNER代表)に書評をいただきました!★
書評「建築を越境する挑戦者たち」
”…僕たちもまた新しい運動をツクルぞ!という気持ちを起こさせる、清々しい本でした。…”
全文はこちら→ 

www.japandesign.ne.jp


(デザイン情報サイト「JDN」おすすめ書籍コーナー)