gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【イベント案内】市民社会創造ファンド設立 15 周年企画「私たちが市民活動助成で目指したこと」( 9/8 、東京)

http://www.civilfund.org/image/top-logo.gif

市民社会創造ファンド設立15周年企画
 「私たちが市民活動助成で目指したこと
  ~15年のあゆみの中で何がみえてきたか~」

日時:2017年9月8日(金) 13:20~18:00
   ※18:30より同会場で会費制(任意参加)の交流会を開催します
場所:ヒューリックカンファレンス浅草橋3F ROOM 0
   (東京都台東区浅草橋1-22-16 ヒューリック浅草橋ビル)
費用:2000円(資料代など)
  ※交流会費は1人3000円
定員:100名(定員になり次第〆切)
詳細&申込
http://www.civilfund.org/15th_anniversary.html

 市民社会の資金源を豊かにする目的で2002年に設立した市民社会創造ファンドは、この9月に法人化15周年を迎えます。15年の間に、多様な企業や財団、個人等と協力しながら、2048件/23億5843万円の助成を行い、市民社会の創造につながる市民活動を応援してきました。
 この機会に、これまで取り組んできた7つの助成プログラムについて、それぞれの特徴と成果を担当者から発表し、私たちが目指してきたことを広く市民活動助成の関係者にご理解いただくため、この度、15周年企画を行います。関係者の研修と交流の機会になることも願い、多くの方のご参加をお待ちしています。

〈主なプログラム〉
・基調報告
 「15年のあゆみの中で何がみえてきたか/市民社会創造ファンド」 運営委員長 山岡義典

・第1部 財団の助成や企業の寄附による自主事業」
 「市民ファンド推進プログラム
 「タケダ・ウェルビーイング・プログラム」

・第2部 協同金融や公益財団の助成事業への協力
 「中央ろうきん助成プログラム」
 「スミセイ コミュニティスポーツ推進助成プログラム」

・第3部 企業の助成事業への協力
 「ファイザープログラム」
 「Panasonic NPO サポート ファンド 子ども分野」
 「住友商事 東日本再生ユースチャレンジ・プログラム」

---------------------------------------------------------------------
●学芸出版社の本
──コミュニティづくりと資金調達の両輪を解読
『ぼくらがクラウドファンディングを使う理由』
佐藤大吾 監修、山本純子・佐々木周作 編著

book.gakugei-pub.co.jp