gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【イベント案内】「人と公共交通中心のまちづくり」( 11/27 、三宮)

■講演会
 「人と公共交通中心のまちづくり
 ~海外の事例から神戸の交通まちづくりを考える~」

『フランスの地方都市にはなぜシャッター通りがないのか』等の著者、ヴァンソン藤井由実さんの講演会が開催されます。

日時:11月27日(月)
   13:30~14:30(受付開始13:00)
場所:三宮研修センター
講師:ヴァンソン藤井由実 氏
会費:無料
定員:先着 100名
詳細・申込み
http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2017/10/20171031161301.html
※申込み締切は11月13日(月)まで

〈講師プロフィール〉
ヴァンソン藤井由実(ふじいゆみ)氏
ビジネスコンサルタント(日仏異文化経営マネジメント)大阪出身。
大阪外国語大学(現大阪大学)フランス語科在学中に、ロータリークラブ奨学生として渡仏、フランス国家教育省の「外国人へのフランス語教諭資格」を取得。著書に『トラムとにぎわいの地方都市 ストラスブールのまちづくり』(学芸出版社、2011年、土木学会出版文化賞受賞)『フランスの地方都市にはなぜシャッター通りがないのか 交通・商業・都市政策を読み解く』(学芸出版社、2016年)


◇◆関連書籍紹介◆◇
#ヴァンソン藤井由実さんの近著

『フランスの地方都市にはなぜシャッター通りがないのか』
ヴァンソン藤井由実・宇都宮浄人 著
A5判・204頁・本体2300円+税
《駐車場と化した広場が歩行者であふれるまで》

bit.ly

ストラスブールのまちづくり』
ヴァンソン藤井由実 著
A5判・200頁・本体2300円+税
《「都市交通政策のパイオニア」の素顔に迫る》
http://bit.ly/2iDZRSa