gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【GAKUGEI PICKUP】「京都市民泊規制、全国一厳しく 800m内に管理者」など('17/11/27-12/3)

 【GAKUGEI PICKUP('17/11/27-12/3)】

今年も1ヶ月を切り、そろそろ「良いお年を」の挨拶が聞こえてくる季節になりました。さて、先週リリースされた記事で編集部Mが気になったニュース5選をご紹介します。

#2はクリエイティブ業界の関係者必見の資料。ただ「つくる」ばかりではなく、それを守り活かすためのリテラシーが求められています。#5も同様に知財関係の話題。以前からたびたび議論を読んでいるNaverまとめと著作権の問題に、これで進歩が見られるでしょうか。

#1:京都市民泊規制、全国一厳しく 800m内に管理者|京都新聞

ホテルや旅館の立地が制限される「住居専用地域」では、民泊の年間営業期間を1、2月の約60日に限る。町家に関しては、保全や活用につなげるため例外的に新法の上限となる180日まで認める。

京都市民泊規制、全国一厳しく 800m内に管理者 : 京都新聞

#2:知財教材「デザイナーが身につけておくべき知財の基本」|特許庁

特許庁は、デザイナーが円滑にビジネスを行い、社会で活躍するための基礎知識を修得するツールとして、調査研究に基づき、デザイナーやデザインを学ぶ学生に向けた知財教材「デザイナーが身につけておくべき知財の基本」を作成しました。

goo.gl

#3:街づくり資金、自治体が徴収…新支援制度創設へ|読売新聞|

BID制度は1970年代のカナダで生まれ、その後、米国やオーストラリア、英国、ドイツでも制度化された。導入地区は世界各地の約2000に上る。

goo.gl

#4:「ら抜き言葉」で抜けているのは「ら」じゃない? 予想外の真相が…|withnews|

「言葉づかいが、話し手の知性や品性を表す目印となる場合もあるため、世代を超えて通じる『正しい』日本語を身につけることは、もちろん大切。しかし、日本語を研究する人間としては、新しい世代の新しい言葉づかいに対して、『正しい』『正しくない』だけではなく、『言葉が変化している』というまなざしも持ってほしい」

goo.gl

#5:「NAVERまとめ」に著作権管理システム導入 AIが画像の不正利用を検知|ITmediaビジネス|

不正利用を発見した場合、著作権保有者はワンクリックでまとめへの掲載を停止できる。書類提出などの手続きは不要。掲載を許可する場合は、クレジット表記などの必要条件を詳細に設定可能。将来的には、著作権保有者に収益を付与する仕組みも実装する計画だ。

goo.gl