gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【イベント案内】環境デザインセミナー「改めて公共空間の自由利用について考える」(1 /27 、大阪)

■都市環境デザイン会議関西ブロック
 2018年第1回都市環境デザインセミナー
 「改めて公共空間の自由利用について考える」

日時:2018年1月27日(土)
   14:00~17:00(開場13:30)※予定
場所:(株)地域計画建築研究所(アルパック)
   大阪事務所会議室
   [大阪市中央区今橋3丁目1-7
    日本生命今橋ビル10階]
会費:会員500円
   会員外1000円
   学生500円
定員:先着30名(要申込)
主催:都市環境デザイン会議関西ブロック
▽詳細・申込▽

www.gakugei-pub.jp

2017年の1月に〈公共的なオープンスペースにおける商活動について~その社会的な意義を探る〉というテーマでセミナーを行なった。これを踏まえて今回は標記をテーマとし、公共空間の自由利用について、改めてその根本から考えことにしたい。

〈講師と論点〉
・マーサ・ヌスバウムの「具体的生活の人権」を保障する空間としての公共空間の意味付けについて論じる。
 (鳴海邦碩:大阪大学名誉教授)
・コモンズや通行権道(right of way)の伝統をもつイギリスで、公共空間はどのように形成されたのか、その利用を通じて考える。
 (坂井文:東京都市大学 教授)
・公園をお気に入りの場所にするパークカフェなどの活動から、公共空間の空間価値とその活用の可能性について考える。
 (岡絵理子:関西大学 教授)
・ルール化によらない「公共空間の野性的利用」の実践を通じて、公共空間利用の原点を考える。
 (笹尾和宏:
 水辺のまち再生プロジェクト事務局)

〈コメンテーター〉
・「何でもできる公園づくり」の観点から
(藤本真理:
 兵庫県人と自然の博物館 研究員、
 兵庫県立大学自然・環境科学研究所講師)
・行政の立場から
 (綾野昌幸:
 伊丹市教育委員会・都市活力部)


◇◆関連書籍◆◇

#自由空間

『都市の自由空間』
鳴海邦碩 著
出会いの場としての道と空地の再生を訴える
http://bit.ly/2zlQBgg