読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

比較住宅都市研究会 温泉地の観光再興と別府の中心市街地活性化の取り組み( 1/6  東京)

■比較住宅都市研究会
  温泉地の観光再興と別府の中心市街地活性化の取り組み

日時:2017年1月6日(金)18時30分〜20時30分
報告者:堀 桂子氏(東京工業大学大学院 総合理工学研究科環境理工学創造専攻
博士課程)
参加費:1000円(会場費、飲み物などの費用として利用します)学生500円
詳細&申込:
http://home.g08.itscom.net/ebizuka/
要旨:
 マスツーリズムとニューツーリズムは目指す方向や働きが異なるが、温泉地におい
ては観光再興のため両活動主体の連携が必要になると思われる。代表的な温泉地であ
別府市登別市熱海市の両活動主体の連携状況、連携の促進・阻害要素、連携に
よる影響と課題を分析した結果、マスツーリズムとニューツーリズムの活動主体の連
携のためには、市の連携促進策が必要であることが示唆された。合わせて、別府の中
心市街地活性化の取り組みを紹介する。

講師のプロフィール:
 1981年別府市生まれ。2004年にお茶の水女子大学生活科学部を卒業後は、ホテル業
に約5年間従事し、レストラン、宿泊、営業企画を担当。その後、2010年に立命館
ジア太平洋大学大学院アジア太平洋研究科国際協力政策専攻修士課程に進学し、2012
年に修了。2013年に東京工業大学大学院総合理工学研究科環境理工学創造専攻博士課
程に進学し、2016年12月に修了予定。

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『温泉地再生 地域の知恵が魅力を紡ぐ』
久保田美穂子 著
先進地とリーダー達に学ぶ地域独自の取組み
http://book.gakugei-pub.co.jp/cgi/kensaku?_charset_=UTF-8&word=%E6%B8%A9%E6%B3%89

広告を非表示にする