gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

影山裕樹×山本雅也×藤崎祥見『 2017 最新形ローカルコミュニティのあり方を、東京で考えてみる』( 1/17  東京)

■影山裕樹×山本雅也×藤崎祥見
 『2017最新形ローカルコミュニティのあり方を、東京で考えてみる』

日時:2017/1/17(火) 19:00〜21:00
場所:本屋 EDIT TOKYO(銀座)
会費:2,000円
詳細&申込
http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01pu2dym3uv2.html

「東京を編集する」をコンセプトとして始まった本屋EDIT TOKYO、が突き詰めて考えた結果、
東京も日本のローカルの一部じゃないか、という結論に達しました。

結局のところ大事な要素は、土地と人と食べ物。

この度、もっと東京を知るために、そしてもっと世界を知るために、
ローカルコミュニティの2017年以後の可能性と魅力を語り尽くす夜を企画しました。
テーマは、「“食”דローカルコミュニティ”」。
“食”をきっかけに、人がつながり、コミュニティが立ち上がるとは、どういうことなのか。

登壇いただくのは、著書『ローカルメディアのつくりかた』が現在話題の編集者、影山裕樹氏と、
料理をつくる人(COOK)と食べる人(HIKER)をつなぐ仕組みを発明し、
最近急成長中のWebサービス「KitchHike(キッチハイク)」の共同代表、山本雅也氏と藤崎祥見氏。

世界中からアクセスできるデジタルメディアに、ローカルコミュニティを変えていく力はあるのか?
コミュニティにおける“食”の役割は、なんなのか?
東京や地方に関係なく、地域を編集する「ローカルメディア」の役割とはなんなのか?

デジタルが世の中をフラットにした、と言われている今こそ、
考えたいローカルコミュニティのポテンシャルと新しい兆しを語り尽くす2時間。

“食”×ローカルでビジネスを考えている方々のみならず、メディア関係者などなど・・・
奮って参加してほしいイベントです。

<プロフィール>
影山裕樹
1982年東京生まれ。雑誌編集部、出版社勤務を経て独立。アート/カルチャー書のプロデュース、
ウェブサイトや広報誌の編集、展覧会やイベントの企画・ディレクションなど幅広く活動している。
著書に『大人が作る秘密基地』(DU BOOKS)、『ローカルメディアのつくりかた』(学芸出版社)、
共編著に『決定版・ゲームの神様 横井軍平のことば』(スペースシャワーネットワーク)など。
NPO法人 芸術公社、路上観察グループ「新しい骨董」などの活動も。


山本雅也
1985年 東京都出身
KitchHike 共同代表 / COO
大学卒業後、広告会社に務める。雑誌とインターネットの部署で新規事業の立ち上げ、企画提案を担当。
退社後は、世界各国を周って人を訪ね、一緒に食卓を囲むフィールドワークを行う。
趣味は、ビールづくりと自転車と庭。

藤崎祥見
1981年 熊本県出身
KitchHike 共同代表 / CTO
お寺生まれ。学生時代、世界中の人々が無償で1つのものを創り上げていくオープンソースコミュニティに
仏教の世界観との共通点を見いだし、エンジニアとして活動をはじめる。
KitchHikeのプロダクト開発責任者。

                                                                                                                                        • -

◎学芸出版社の本
『ローカルメディアのつくりかた 人と地域をつなぐ編集・デザイン・流通』
影山裕樹 著
それぞれの地に最適なメディアの形と届け方
http://book.gakugei-pub.co.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1362-7.htm

                                                                                                                                        • -

●1月のリツイートキャンペーン
サステイナブル・カンパニー入門』
↓URLをリツイート!抽選で1名様に1冊プレゼント
http://bit.ly/2iRDsjJ

広告を非表示にする