gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

「大阪はデザインでシビックプライドに貢献できるか?」( 2.2 大阪)

■JIDA女性デザイナーフォーラム2017
 大阪はデザインでシビックプライドに貢献できるか? 〜インダストリアルデザイン史から考える〜

日時:1月31日(火)19時から21時(懇親会含む)
場所:会場/大阪産業創造館会議室B
https://www.sansokan.jp/map/
参加費:2000円(軽い懇親会費用を含む)
詳細&申込
http://gwork.tank.jp/event/170131jida.pdf

これまで大阪はどのように日本のデザイン界に貢献してきたのでしょうか。
先ほど芸術工学会で出版された『日本・地域・デザイン史2』の中で、大阪のデザイン史をまとめました。
そのなかで見えてきたのが、大阪が様々なデザインの先進者として貢献してきたのにも関わらず、
その評価、検証がされていないこと、そして私たち在阪デザイン関係者がもっと語る必要があるということでした。
今回は2021年オープンを目指している大阪新美術館の建設準備室で、インダストリアルデザイン・アーカイブス研究プロジェクト
http://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu120/artrip/idap/
を担っておられる植木啓子さんをお招きし、大阪のデザインアーカイブズについてお話し頂き、
これからの大阪のシビックプライド(※)について参加の皆さんと話し合いたいと思います。
関心のある男性、女性、どうぞお集まり下さい!

メインスピーカー:植木啓子さん(大阪新美術館建設準備室)
進行:藤本英子(JIDA理事・京都市立芸術大学教授)

シビックプライド:都市に対する市民の誇り


◎学芸出版社の本
市民のための景観まちづくりガイド
藤本英子 著
http://book.gakugei-pub.co.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2539-2.htm
地場産業+デザイン
喜多俊之
http://book.gakugei-pub.co.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-1256-9.htm

広告を非表示にする