gakugei_today

建築・まちづくり・コミュニティデザインの学芸出版社です。最新情報をお届けします。

【GAKUGEI PICKUP】「英国、孤独担当大臣を新設 900万人以上孤独、対策へ」ほか('18/1/15-21)

https://www.asahicom.jp/articles/images/c_AS20180118000975_comm.jpg

【GAKUGEI PICKUP('18/1/15-21)】

先週の気になるニュースをピックアップ。#1 はその名称のセンセーショナルさが話題になりました。ちなみに英語では"minister of loneliness"とのこと。#3 は自治体にとってもこれまで盲点だったのではないでしょうか。今後、関連する問題が各地で浮上しそうです。

#1|英国、孤独担当大臣を新設 900万人以上孤独、対策へ|

人口6560万人の英国には孤独を感じている人が900万人以上いるとされ、友人や親戚と1カ月以上会話していないお年寄りは約20万人と報告されている

goo.gl

#2|東京大、国内大学初のオープンデータ専門組織を設置|

オープンデータ・プラットフォームシステムの研究や試験環境の提供のほか、自治体のオープンデータの取り組み支援、データカタログシステムの開発などを行う

 

goo.gl

#3|「死後の行き場がない」イスラム教徒が悲鳴 九州に専用墓地ゼロ 土葬への抵抗感や偏見…新設に壁|

墓地埋葬法は土葬自体を禁じていない。具体的な墓地の開設要件は許可権者である都道府県や市町村が条例で規定する。条例では住宅街や河川からの距離を定め、地元の理解を求める

goo.gl

#4|広辞苑、140ページ増えても厚さ同じの秘密|

情報のクラウド化が進む中、果たして国語辞典はいつまで紙という器でいられるだろうか。今回の広辞苑に、出版業界の希望と製紙会社技術陣の意地が詰まっているのは確かだ。

goo.gl

#5|文書作成、ワードに統一=効率化で働き方改革―農水省

一太郎の操作経験のない若手職員も増加。「若手からワードに統一してほしいと強い要望があった

goo.gl